【近親相姦】「パパの子どもが欲しくて…」肉親とのセックス合法国で起きた悲劇

関連キーワード:

,

,

,

,

 現在スペインでは、行政当局に対して「私たちの赤ちゃんを返してほしい」と必死で訴えるカップルが大きな話題となっている。なぜ、彼らは子どもと引き離されなければならなかったのか? そして赤ちゃんの運命は……? 早速、詳細についてお伝えしよう。

IncestCouple_2.jpg画像は「The Sun」より引用


■36歳と18歳のカップル、実は……!!

 今月5日、英紙「INDEPENDENT」をはじめとする複数の海外メディアが伝えたところによると、話題の渦中にある男女は、地中海に浮かぶマヨルカ島で暮らす36歳のクリスと18歳のサラ(ともに苗字は非公表)。かなり歳が離れているようだが、どこにでもいる普通のカップル――などではなかった。なんとこの2人、実の父親とその長女なのだ! つまり彼らが返して欲しいと訴えているのは、「人類の3大タブー」のひとつ“近親相姦”で誕生した赤ちゃんというわけだ。

 サラにとって、赤ちゃん(女の子)は自らの娘でありながら妹でもあり、さらにクリスにとって、赤ちゃんは実の娘でありながら孫でもある。なんとも不思議な関係がそこにあるのだ。


■「いつもお父さんの赤ちゃんが欲しいと思っていた」

 現在は社会福祉局で保護されている赤ちゃんだが、約1カ月半前、誕生からわずか1時間後に、行政当局によって半ば強制的に引き取られてしまったという。そしてカップルには、「赤ん坊を連れてどこか遠くへ移り、孤独のなかで育児するか、赤ん坊を諦めて養子縁組に出すかのどちらかしかない」と告げられた。

 17歳の時に妊娠が発覚したサラは、「いつもお父さんの赤ちゃんが欲しいと思っていた」ため大喜びだったようだ。そして2人の間にも性的虐待などの事実はなく、クリスが地元メディアに対して語ったところによると「関係は、ごく普通の男女と同じように始まった」「互いにとても愛し合っている」という。しかもスペインでは、16歳以上で両者の合意がある場合、近親相姦は違法行為とならない。そのため、当局の行為に2人はただ困惑するしかなかったという。

 今回、当局がこのような措置を採った背景について詳しくは明らかになっていないが、やはり近親相姦カップルという状況が関連していると考えられている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?