【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼

※本記事には暴力的な表現が多数含まれます。苦手な方はTOPにお戻りください。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼の画像1画像は「imgur」より引用

 1996年12月、年の瀬が迫る冬のメリーランド州ボルチモアで、真夜中にガソリンスタンドへ半裸で傷だらけの女性が助けを求めて駆け込んできた。通報を受けた警察が到着して事情を尋ねると、リタ・ケンパーと名乗る売春婦の女性は、知り合ったばかりの男から殺されそうになり、命からがら逃げてきたのだと言う。アメリカでは一部の州を除いて現在でも売春は違法行為であり、警察へ被害を訴え辛い売春婦が暴力事件などに巻き込まれるケースは少なくない。女性が襲われたと言うトレーラーハウスへ向かうと、そこには病的に太った巨漢の男がいた。

■ハンバーガーショップ店員による凶行

 男はジョー・ロイ・メセニー、41歳。大通り沿いで小さなハンバーガーショップを経営しているという。殺人未遂を咎められているにも関わらず、あまりにも落ち着き払った態度を逆に疑った警察は、ジョーが生活しているトレーラーハウスを隈なく捜索。すると、トレーラーハウスの真下の地面から変わり果てた女性の遺体が見つかったのだった。
 
 地面から掘り起こされた遺体の身元はすぐに判明した。なぜなら、当事者であるジョーが自ら犯行を語ったからだ。

 遺体となって発見されたのは事件当時23歳のキンバリー・スパイサー。彼女もまたリタ・ケンパーと同じく売春婦だった。キンバリーはホームレスやドラッグ中毒者が集まる安酒場でジョーに声をかけられトレーラーハウスへ招かれた。二人きりになると、巨漢の大男は彼女へ襲いかかり、包丁で刺した後に絞殺した。

 ただ、ジョーの犯行は被害者を殺害し遺体を埋めて終わりではなかった。

 彼はキンバリーの遺体から、丁寧に肉を削ぎ落とし、それをタッパーに小分けして冷蔵庫へ保存した。
 それはなぜか?食べるためだ。

■“肉”の調達をするために……

【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼の画像2画像は「the Sun」より引用

「俺はドライバー相手にローストビーフやハンバーガーを売る小さな店をやってたんだ。味が良いって地元では評判だったんだぜ。なんせスペシャルミートを使ってたからな。人肉の味は豚肉に似てるんだ。だから、豚と人を混ぜても誰も気づかなかったぜ」

 何気なく入った店で買ったハンバーガーに人肉が入っていると誰が想像できるだろうか。ジョーのトレーラーハウス付近からは、他にも2名の女性が遺体として見つかった。彼女たちもまた死後に解体され、人食いジョーのスペシャルミートとなっていた。事件発覚のきっかけとなったリタ・ケンパーは、店で客に出す肉が無くなったため、不運にも最低最悪のシリアルキラーに目を付けられてしまったのだ。

 こうして3件の殺人事件が明らかとなったのだが、巨漢の殺人鬼にはまだ余罪があった。

「オレは今から2年前に、7時間で5人殺したことあるんだぜ」

 ジョー・メセニーが過去の大量殺人を告白したのだ。

■ひとつ橋の下

 1994年、当時のジョーはトラックドライバーとして働き、内縁の妻と6歳になる息子を養っていた。だがある日、仕事を終えて彼が自宅へ帰ると、そこはもぬけの殻だった。彼女何も告げず息子を連れてどこかへ姿を消してしまったのだ。

【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼の画像3犯行が行われた橋、画像は「the Sun」より引用

 この裏切り行為にジョーは激怒したが、二人の行方は手掛かりすらもなく、彼は煮えたぎる怒りを胸の内に溜め込んだ。それから半年が過ぎた頃、元カノは他の男と逃げ出し、ジョーの自宅から離れたボルチモアの川沿いにある橋の下でホームレス生活を送っていると耳にした。更にジョーの息子は彼女の育児放棄により行政に連れて行かれたと言う。
 浮気されていた事を知り怒り心頭のジョーは斧を握り、二人が暮らしていると噂の橋へ向かった。

「橋の下で待ち伏せしてると、あのクソッタレどもはドラッグでハイになって帰ってきやがった。古くて臭いマットレスの上で二人を切り刻んでやったんだ」

 一旦死体を隠すと、ジョーはすぐに売春婦を探してきて橋の下へ連れ込んだ。

「その女は自然に振る舞ってたけど、そこで何か事件が起きていた事に気付いたんだ。だからオレは女をぶん殴ってからレイプして殺してやった」

 最初の殺人衝動は元カノへの復讐心だったが、それはただの快楽へと変わっていった。興奮冷めやらぬジョーは、その直後に再び別の売春婦を橋の下で殺害した。

「遺体を処分しようとしてたら、偶然釣りに来てた老人に現場を目撃されたんだよ。オレは老人を追いかけて、近くにあったスチールパイプで頭をかち割ってやった」

 ジョーは現場に飛び散った血を洗い流し、5人分の死体にロープで岩を結びつけ、川に沈めた。それは計画性など微塵もない、行き当たりばったりの大量殺人だった。

■俺の話を思い出せ!

【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼の画像460歳となったジョー、画像は「the Sun」より引用

 この告白を裏付けるために警察は現場となった橋の下を捜索したが、2年前の殺人の痕跡は見つけ出す事が出来ず、最悪の殺人鬼ジョー・メセニーはトレーラーハウス付近から見つかった3体の遺体についてのみ、起訴される事になった。
 裁判で検察側はジョーに死刑を求刑したが、2000年に無期懲役の判決が下った。欲望のままに何人も人を殺し、その肉まで食べた最低最悪の殺人鬼は、現在、刑務所へ収監されているのだが、これまでに一度も反省の弁は述べていない。

「俺の話は最悪だけど全部本当なんだぜ。もし、お前がドライブしていてハンバーガーショップを見つけたら、そこの商品を食べる前に俺のした話を思い出した方がいいぜ」

(文=狐月(きつつき)ロボ)

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考リンク:「the Sun」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【閲覧注意】「人食いジョー」 ― 被害者をハンバーガーにして食らう巨漢の殺人鬼のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで