「殺した相手が枕元に…」奈良殺人事件と酷似! “幽霊が犯人を追い詰めた”ふたつの事件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ThinkstockPhotos-485760348.jpg画像は、Thinkstockより

■昭和の枕元事件 殺した長男・長女が母親に話しかける

 実は同じようなケースは昭和時代にもあった。1977年1月23日に広島県の某所で母親が当時2歳の長男を浴槽に沈め殺害するという痛ましい事件が起こった。母親は後日、逮捕されたが、母親は警察の留置所内で夜な夜なうなされ続ける状態になってしまったという。

 不審に思った刑務官が、前年の76年に不審死を遂げた長女(当時1歳)について問い掛けたところ、母親は涙を流しながら長女の殺害を告白。当時の新聞記事によると、毎晩、殺した2人の子どもが母親の枕元に現れ、長女は「マンマ、マンマ」と言いながら乳房に触れ、長男は「カアチャンツメタイヨウ」と泣き叫んでいたという。

関連キーワード

コメント

2:校正課 2015年12月26日 15:16 | 返信

誤:白いドレスが地で真っ赤に染まり
正:白いドレスが血で真っ赤に染まり

また「という記者」の誤字脱字。校正さんを入れたほうがいいですよ>TOCANAさん

1:匿名 2015年12月26日 07:21 | 返信

白いドレスが地で真っ赤に染まりになってる…血だよね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。