優等生・羽生結弦が持つ黒い顔も? 記者たちが唯一触れない「ゆづタブー」とは?

関連キーワード:

 その華々しい活躍が日本中の注目を集めるフィギュアスケーター羽生結弦。2015年のNHK紅白歌合戦でゲスト審査員を務めることも発表され、全国の熱烈なファンたちを「1年の最後までゆづを見られる!」と歓喜させた。

 そうなると、どうしても気になってくるのがリンク外での姿だ。たとえば、ほかの選手たちとの本当の仲はどうなのか。

「明るい性格で、嫌味なく『顔怖いよ』などと他の選手をいじるので、男女を問わず、多くの選手と仲が良いです。逆に誰かと仲が悪いというのは聞いたことがない。ただ、一方で、普段から誰かとつるむことも、実はあまりないですね。大会期間の休日や前後などに他の男子選手たちが連れ立って銭湯などに出かける時も、その輪には入らなかった。そのあたりの線引きも王子様的な印象を与える部分なのかもしれません」(フィギュア関係者)

 周囲を和ませる率直な物言いというのは、羽生ファンを魅了させる部分のひとつでもある。

「羽生のメディア露出が増えるのは、すごすぎる成績ももちろんのこと、その結果に対してストレートに発言するから。ジャッジが自分で思っていた点数を上回っていた時や、その逆だった時にははっきり『戸惑う』という言葉を口にする。たまに、そのニュアンスがきつくなる時があるので、審判批判と受け止められないように、できるだけマイルドな印象になるよう本人も気を使っていますよ」(フィギュア担当記者)

 安藤美姫や無良崇人らフィギュアスケート界にデキ婚が相次いでいた時期、羽生は取材後に居合わせた乳児を抱き上げ、「僕はベビーブームに乗っていないです」とジョークを飛ばしたことも。これも一部メディアだけが報じただけだったが、ファンの間では「黒ゆづが出た!」と話題になった。

 もっとも、羽生を悪く報じるのがタブーということは基本的にはないという。

「とりあえずは悪く報じる要素がないので、書かないだけ。たとえば、ある選手は報道陣のインタビューでスポンサー的にアウトな言動をして、翌日『昨日の発言は自分の勘違いでした』と意味不明な謝罪をした。ほとんどのスポーツ選手は喋るプロではないから、そういったことは往々にしてあるが、羽生の場合は露骨な失言もないし、紋切り型の回答もない。自分でも『メディアの前でも冷静でいられるところに成長を感じる』と話していたこともあった。

 羽生に関して、強いていうなら、お母さんの存在を極力表に出さないという暗黙のルールがあるくらい。ただ、フィギュア業界ではそういった肉親についてしつこく触れないことは珍しい話ではありません。羽生の母親も取材に応じることはないものの、怖くはなく、優しそうな人。どちらかというと、エージェントや協会あたりが気を遣ってピリピリしている感じがある」(前同)

 羽生伝説はまだまだ続きそうだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

優等生・羽生結弦が持つ黒い顔も? 記者たちが唯一触れない「ゆづタブー」とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル