科学者「2016年6月~8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
ThinkstockPhotos-485726974.jpg画像は、イメージ。Thinkstockより

 以前から囁かれていたポールシフトがついに起きるのかもしれない。方位磁石が「N極は北」「S極は南」の方角を示すのは“地球が大きな磁場を持っているため”というのはご存知であろう。しかしこの磁場が反転するかもしれない、というのだ。「ポールシフト」と呼ばれるこの現象、はたして本当に起きるのだろうか? また、もしポールシフトが起きた場合、人類にはどのような影響を及ぼすのだろうか?


■そろそろ起きる? ポールシフトとは?

“北と南が反転する”とはなんとも信じがたい話ではあるが、これまでの研究から360万年に11回もN極とS極が反転する「ポールシフト」が起こっていたことが判明している。ポールシフトとは、地磁気の反転のことであるが、地質学者らによると直近のポールシフトは77万年前、石器時代であったと想定されており、この時代は現代とは逆で“N極が南でS極が北”を向いていたというのだ。また、計算上33万年に1度はポールシフトが起きていたことになるのだが、前回のそれからすでに44万年の時が経過しており、代々研究者らは固唾を呑んで見守ってきたという。

 しかし、ここにきて「そろそろ起きるかも」と囁かれ続けてきたポールシフトが、どうやら科学的にも現実味を帯びてきたというのだ。

polesareswitching1.JPGExpress」より


■ポールシフトの前兆? 磁場の急激な弱まり

 英「Express」紙は“米国の宇宙機関は、地球がポールシフトに向かっていることを確信している”と報じており、地球の磁場が過去160年もの間で大きく衰えていることが科学的にも確認されているというのである。

 地球物理学研究所でポールシフトを専門的に研究しているジャン=ピエール・バレ博士は、「地磁気反転が発生する時に現れる、最も劇的な変化は全電界強度の非常に大きな減少である」と語っており、現在の地磁気の大きな衰えは、今後地球が大きな地磁気反転(ポールシフト)に向かっていることを意味するかもしれない、と主張しているのだ。

 他にもドイツのニーメック地磁気観測所の科学者モニカ・コルテ博士は「ポールシフトは突如発生するものではなく、ゆっくりと、徐々に起きる。その間、地球の磁場は弱く複雑になり、しばらくは2つ以上の極を示すようになりますが、しばらくしたのち強く反対方向に引っ張られるかたちでポールシフトが終了する」と語っている。

 ではこの『磁場』が弱くなると地球はどのような状態になるのだろうか――。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2017年11月13日 04:22 | 返信

起きてませんけど。
それとも今は死後の世界ってか?

4:たつまき 2016年10月7日 05:18 | 返信

地球の5倍大の惑星ニビルが地球へ急速接近中だ。本年12月後半に地球のポールシフトが起きる。
世界中で、40以上の火山が大爆発、M9以上の大地震が起き、30m以上の大津波が襲う。爬虫類絶滅時代以来の新地球破局になる。創造主らが万事無償で与えたのに、地球は邪悪で腐敗した金権奴隷支配体制だからだ。
NYC、ワシントンを含む米東部、西部CA州が海中へ沈没する。英国諸島も日本列島も、中國南部と東部も、St.ペテルブルグと500m地下に大海があるモスクワも海中へ沈没する。地球人の90%が死滅する。まさに新地球破局だ。生き残った約7億人は、創造主らの天命で銀河連合指導部の援助により、金権奴隷支配体制なき、万事無償奉仕の新地球社会を建設する。
http://ameblo.jp/tatsmaki 
http://etatsmakijpn.over-blog.com/2016/09/large-nuclear-explosion-occurs-in-nyc-on-sept-26-28-2016.html#ob  (English version) 

3:匿名 2016年8月28日 15:27 | 返信

で、起こらなかったわけですが。

2:匿名 2016年7月26日 19:28 | 返信

70%か、、30%はどこにいる人たちなんだ、、、、
信じては居ないが世間を騒がせるだけの根拠があるのかな?
今年なければまた来年くらいにデマカセを
だすひとがでてくるんだろうなー

1:匿名 2016年1月6日 07:53 | 返信

ふむ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。