吹き出る血と汗…日本に降臨した聖母マリアの奇跡と予言! そして人類の恐るべき終末とは?

関連キーワード:

,

■聖母マリア出現

吹き出る血と汗…日本に降臨した聖母マリアの奇跡と予言! そして人類の恐るべき終末とは?の画像1※イメージ画像:Thinkstockより

 キリスト教の救世主イエス・キリストの母である聖母マリア。

 愛と慈悲の象徴とされる聖母マリアは、全世界の人々の前に現れ、奇跡を起こすことがあるという。そして、そんな聖母マリア出現の中でも、最も有名なのが「ファティマの予言」だ。

「ファティマの予言」とは、1917年、ポルトガルの一寒村、ファティマにおいて、羊飼いの3人の子どもたちの前に聖母マリアが出現し、人類の行く末を示す重大な3つの予言を託したという出来事である。

 1942年、3つの予言のうち、2つはバチカンから公表された。しかし、3つめの予言に関しては、「1960年まで公表を待つように」と約束されていたため見送られていた。しかしそれにもかかわらず、結局60年には公開されず、世に出されたのは2000年だった。このこともあり、この公表された予言は捏造だという噂も根強い。

 そして、この謎多きファティマに出現した聖母マリアが日本にも降臨していたというのは、ご存知だろうか?

■日本での奇跡の始まり「秋田の聖母マリア」

「秋田の聖母マリア」とは、秋田県にある在俗修道会「聖体奉仕会」において、聖母マリア像が涙を流すなど、さまざまな奇跡が起こった現象のことを指す。

 これは、同会に所属するシスター笹川の手に出血を伴う十字型の傷が現れたことから始まる。

 シスター笹川は、19歳の時、盲腸の手術の失敗により半身不随となる。その後、16年間も闘病を続け、のべ20回以上も手術を受けることを余儀なくされた。病院を転々とする生活をおくる中で、熱心なカトリック信者の看護婦と出会い入信。しかし、病状は改善することはなく、一時は意識不明の危篤状態に陥った。その時、ルルドの泉の水を一口飲んだところたちまち意識が回復、麻痺していた手足まで動くようになったそうだ。その後、シスターとなり生活を送るが、苦難は続き、進行性の難聴にかかり、聴力をすっかり失ってしまう。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

吹き出る血と汗…日本に降臨した聖母マリアの奇跡と予言! そして人類の恐るべき終末とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル