AKBの恒例成人式「ニュースにする価値なし」の声! 浮き彫りになった“落ち目”の原因とは?

関連キーワード:

,

 だが、2015年の成人式では、一般的に知名度がありそうなメンバーは前年の第6回「AKB48 37thシングル選抜総選挙」でかろうじて16位に入り、選抜入りを果たした川栄李奈のみ。新成人メンバーが事前にラジオ番組で、「今年は面子的に弱い」と話したり、川栄も、「今年はベテランと次世代の狭間の世代」とコメントしたりと自虐的な姿が目立った。

 しかし、今年の新成人メンバーはさらに知名度が弱いという。

「今年は全部で31人が参加予定なのですが、一般的な知名度は、正直厳しいです。一番有名だと思われるのは、2014年に握手会で暴漢に襲撃されて話題になった入山杏奈でしょうか。31人の中で昨年の選挙での最高順位だったのは22位の木崎ゆりあ。あとの注目は新グループ『NGT48』のメンバー3人といったところ。いずれにせよ、ニュースとしての価値は比べものにならないほど下がりました。果たして価値があるのやら…」(前同)

 人気メンバーの卒業が相次ぎ、一時に比べて注目度が弱まっているAKBグループ。今年の成人式のニュースの露出次第では、それが露骨に出てしまう。

「そもそも、昨年の川栄の『狭間の世代』発言の時点で、『来年はもっと谷だろう』と記者たちの間で話していたんです。しかも、その川栄は今もう卒業していますからね。ちょっと先行きは不安ですよね」(前同)

 一応、来年は松井珠理奈、再来年は宮脇咲良といった人気メンバーが成人するが、現時点では最盛期に比べた層の薄さは否めないものがある。この踏ん張り所で新たなスターは誕生するのか。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

AKBの恒例成人式「ニュースにする価値なし」の声! 浮き彫りになった“落ち目”の原因とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル