現役医師が受け取った「神示」が的中度抜群! 首都直下地震→富士山噴火→日本列島分断は確定的か!?

関連キーワード:

,

,

,

DivineRevelation.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 沖縄県に、長田明子氏という医師がいる。長田氏は勤務医として働く傍ら、全国の神社を巡礼し、神々からの「神示」つまりメッセージを受け取る。そこには、信じ難いような大災害の預言が含まれるが、すでに現実のものとなったケースもあるので、決して無視することはできない。今回は、まだ世間でもそれほど大きく話題になっていない長田氏の預言を紹介することにしたい。

 長田氏は、2004年に宮崎県・高千穂の山で光の啓示を受けたことをきっかけに、全国聖地巡礼の旅を始めた。もともと神社巡りを目的としていたわけではなく、たまたま「気のよい場所、波動の来る場所」を探し求めて各地を巡っていたところ、そこに神社があったという経験を数多く持つという。

 そして、長田氏が受け取った神示をまとめた本が、2006年に『神々からのメッセージ2(予言編)』(新星出版)として出版された。そのなかから、今後現実になれば日本全体が大変なことになる神示を中心に紹介しよう。


●平成18(2006)年1月20日、氷川神社(埼玉県さいたま市)

 境内で祈っていると、「素戔鳴神(スサナルシン)」から御神示が降りた。長田氏にいつも神示を与えてくれる神さまであり、この神社の御祭神である「須佐之男命(スサノオノミコト)」は、その「分霊(わけみたま)」であると長田氏は書いている。

 この時の神示によると、江戸(東京)は淀んだ気に満ちているために、江戸の地震と富士山の噴火が「浄化」として起きるのだという。また、東京の大地震(首都直下地震?)と富士山噴火が、短い期間に連続して起きることも示唆されたようだ。


●平成18(2006)年1月23日、浅間大社(静岡県富士宮市)

 豊雲野神(トヨクモノシン)から啓示を受ける。ここでの神示は、アジア諸国が核を保有することについての警告を発した後で、「核を持つパキスタンの地も地震の候補地である」として、大地震に対する注意喚起があった。その2年後の2008年10月28日、パキスタンでM6.4の直下型地震があり160人以上が死亡、預言は現実のものとなった

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ