人類は確実に“総奴隷化”への道を歩んでいる!? ロックフェラーが国連に宛てた「新世界秩序の行程表」とは?

NWO.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 ロックフェラー家――その名を耳にしたことがある読者は多いだろう。石油業で財を成し、米国の政財界に一族を次々と送り込んだ名門である。


■名門ロックフェラー家とは?

 1974年11月に発表された「ロックフェラー家の富に関する米国議員のための報告書」によれば、この一族が管理する財産は当時の推定で6,400億ドル(1971年末の1ドル=308円というレートで換算すると197兆円)を超え、世界に冠たる米国の多国籍企業200社以上を直接的・間接的に支配しているという。現在、その途方もない富はすでに米国の国民総生産の50%を超え、日本の国民総生産に匹敵する規模であるとの指摘もあるほどだ。

 さらに、ロックフェラー家は国連の一大スポンサーであり、実質的オーナーだと囁く人々もいる。戦争に必要なお金・石油・武器・世論形成に必要なメディア関連企業のすべてを動かせることを考えれば、間違いとは言い切れないだろう。


■ロックフェラー、フリーメイソン、そして新世界秩序

 さて、陰謀論者の間では秘密結社フリーメイソンの重要な構成員であると考えられているロックフェラー家だが、彼らが思い描いているとされる世界の未来像、それこそが所謂「新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)」である。

 混乱する世界に秩序を取り戻すため、一部のエリートを残して人類の総奴隷化を図るこの計画だが、今まで詳細はほとんど外部に漏れ伝わってこなかった。

 しかし昨今、イギリスの陰謀論者・著述家であり自身もフリーメイソンの一員ではないかと噂されているデイビッド・アイク氏のウェブサイト上で、驚くべき書簡の存在が明らかになりつつある。それはズバリ『新世界秩序 即時的アジェンダ』と題した文書であり、2002年(9.11の翌年)にロックフェラー家が国連総会に宛てて送ったものだという。一体そこには何が書かれていたのか? まさか人類総奴隷化計画の手順が記されていたのだろうか? 以下がそのアジェンダ(行程表)の概要である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ