SMAPが紅白歌合戦で禁断の立ち振る舞い? 独立騒動に新展開?

関連キーワード:

,

,

SMAPが紅白歌合戦で禁断の立ち振る舞い? 独立騒動に新展開?の画像1※イメージ画像:『紅白が生まれた日』(NHKエンタープライズ)

 昨年12月31日に行われた第66回NHK紅白歌合戦は、まさにジャニーズ事務所祭りだった。

 白組の司会にV6の井ノ原快彦。出演には、そのV6に、近藤真彦、SMAP、TOKIO、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneと過去最多の7組が選出された。改めてジャニーズ事務所の芸能界における支配力を感じさせられたわけだが、中でも注目を集めたのは、紅白にてジャニーズ事務所内の派閥争いが反映されるかどうかだった。

 今回でいうと、「近藤真彦、V6、TOKIO、嵐、関ジャニ∞がメリー喜多川と藤島ジュリー派で、SMAPとSexy Zoneが飯島派」と芸能関係者の間では認識されている。

 これまでも、他派閥のタレント同士が、ドラマで共演することはなく、音楽番組でも顔を合わせないように配慮されているのだが、とは言え、これは事務所の問題であり、タレント同士の争いではない。というのを、今回の紅白で、SMAP側が明白にした。

 というのも、今年の紅白では、SMAPメンバーが別派閥のジャニーズ事務所メンバーに対し、積極的に“絡み”に行ったからだ。

 郷ひろみが歌っている際には、嵐の大野智と二宮和也の間にSMAPの中居正広が割って入り、一緒に盛り上げた。さらに中居は、別の場面では関ジャニ∞の横山裕をうちわで仰いだり、SMAPの木村拓哉とV6の岡田准一が会話しているシーンも映っていた。とにかく、SMAPが後輩と多くスキンシップをとっていた。

 それを決定付けるかのように、紅白後の1月2日に放送された『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)では、中居が他派閥の曲をいくつも紹介し、自らの意向で選曲したことを強調し「怒るなら僕を」とも付け加えた。これは、事務所内で中居の現場マネージャーが怒られない配慮をしたともとれる。

 これらの流れからもわかるように、SMAPがジャニーズ事務所から独立することはないだろう。むしろ、タレント同士は派閥間の歩み寄りを模索しているともとれる。

 「中居さんには、派閥の長である飯島さんへの恩がある。その反面、ジャニーズ事務所に所属しているメリットも感じている。そのアンビバレンスが、この一連の流れにあらわれているのではないでしょうか。間違いなく言えるのは、中居さんがジャニーズ事務所から出ることはないということです。そうなると、SMAPも独立しないのでは?」(業界関係者)

 もしかすると、紅白前に、SMAPメンバーで、他派閥メンバーとの歩み寄りを話し合ったのかもしれない。
(TV Journal編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

SMAPが紅白歌合戦で禁断の立ち振る舞い? 独立騒動に新展開?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル