【閲覧注意】舌や足首を切断! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖

関連キーワード:

,

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

今回の映画:『猟奇エロチカ 肉だるま』(1999年発売/アロマ企画)

【閲覧注意】舌や足首を切断! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖の画像1※イメージ画像:Thinkstockより

 2000年代初頭、発売直前に出演女優が電車に飛び込み自殺をしたAVが話題になった。その噂を私が知った時点でビデオは既に廃盤、中古市場では高価で取引され入手困難になっていた。だが、ここ数年、その作品『猟奇エロチカ 肉だるま』がネット上で「絶対に検索してはいけない言葉」に挙げられ、日本だけでなく海外でも「見ると必ず呪われるビデオ」と都市伝説化していると知り、非常に驚いた。


■都市伝説「スナッフ・ビデオ」

 「スナッフ・ビデオ」の「スナッフ」とはロウソクを消す擬音が転じた「殺す」というイギリスのスラング。つまり、「スナッフ・ビデオ」は、実際の殺人を撮影した映像ソフトのことで、これが国内外で長い間、闇ルートで売買されているとまことしやかにささやかれていた。

 この噂を逆手にとり、ニセの殺人映像を「本物」と称して劇場公開したのが『スナッフ』(76年・アルゼンチン)だった。宮崎勤死刑囚が所持していたことで有名になった『ギニーピッグ』シリーズもそういったフェイク・スナッフの代表作である。

 そして、『肉だるま』は、フェチ作品を専門に制作するアロマ企画が、SM&スカトロにスナッフを盛り込んだ野心作だった。

■『肉だるま』のあらすじ

 一室でAV監督と出演女優の打ち合わせが行われている。「AVは初めて」と話すカナは、前髪を垂らした栗色のロングヘアー持ち、地味な顔立ちをした20代後半から30代前半の女性だ。長髪を後ろで縛ったスタイルの監督は、カナから、「SMもスカトロもOKのNGなし」という了承を得る。

 そして、伊豆にある一軒家で撮影が始まった。絡む男女はともに均整がとれた体型で、カナのスラリとした肢体の左内腿にヤモリ、両肩の裏側には蝶のタトゥーがあるのが見える。

 ノーマルの絡みシーンが一通り終わり、一旦休憩。豪華にも活きたイセエビをその場で調理し、サザエなどの海鮮料理を楽しむ出演者とスタッフ。そして音楽に乗せてカナの笑顔のショットが、アイドルのイメージビデオのように次々と映し出される。だが、このひと時の安息は、これから起こる惨劇を際立たせるための撒き餌に過ぎなかった。

 後半は作品の核となるSMシーンの撮影だ。一室の床にはブルーシートが敷かれている。だがカナは、アナルへのバイブ責め、ロウソク垂らし、鞭打ちなどを、ことごとく泣き叫んで途中でやめてしまうため、いちいち撮影が中断する。

「NGなしって言ったじゃん」

「もう少し頑張れ!」

 監督は叱咤を続けるが、徐々に現場の雰囲気は悪くなる。

 そして、「これは痛くないから」と監督は浣腸プレイに移行するが、注射器の先が肛門に触れた瞬間、カナは思いっきり拒絶してしまう。ついに、「これがダメだったら仕事ねぇーんだよ」と監督は完全にキレてしまい、「あ?」と叫びつつベッドを蹴り、「なめてんじゃねえぞ」と彼女をビンタしてしまい、撮影は中止。カナを帰すことになった。

■猟奇シーンの幕開け

【閲覧注意】舌や足首を切断! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖の画像2※イメージ画像:『猟奇エロチカ 肉だるま』

 だが本番はこれからだった。玄関で靴を履くカナの背後から、監督がバットを脳天に振り下ろす! 監督は気絶したカナをベッドに運び、仰向けに寝かせる。カナは片目出しの包帯巻きにされ、両手両足首はベッドに縄で固定されてしまう。そして、Gパンを膝まで下された後にパンストをビリビリに破られ、下着はハサミで切り裂かれ、局部だけを露出するというあられもない姿にされてしまう。

 監督は、この状態で男優にカナを犯すように指示。そして自分は生板を彼女の左足の下に添え、足首をナタで切断する! 思わず、男優の腰振りが止まる。切られた脚部を見る男優に、「動いて」と非情な指示を出す監督。目が覚めたカナに構わず、続いて監督は「ホイッ」と左足の膝下あたりを切断。「あ~!」と悲鳴を上げるカナ。これに素早く反応した監督は、割り箸でカナの舌を挟んで声を出せなくし、ペンチで二枚舌に分断する

 その後、両足と右手を切断され、まさに「肉だるま」となったカナ。次に監督はミゾオチから縦に腹部を切開、臓物に手を突っ込みかき回し、男優に「気持ちいいいよ~。入れてみな」と言いつける。臓物の中でピストンする男優が果てると、監督はその後頭部をナタで一撃。ドサッとカナの上に倒れ込み、「な、な、なんで……」と息を引き取る男優。続いて監督はカナの顔面ど真ん中にナタを振り下ろしてトドメを刺す。最後に監督は男優の睾丸を2個とも抜いて「お疲れさん」と一言。

■伝説的ビデオの後日談

 監督を自演した穴留玉狂(あなる・たまきち)は、ホラー映画好きが乗じて美容専門学校で特殊メイクを研究していた。そのかいあってか、切り刻まれる人体の作り物は高いクォリティを誇っていた(切られるまで本物と思ったほど精巧)。また裂かれる舌は、ボイルした豚の舌を使用してリアリズムを追及している。

 主演したのは、芸名が「大馬鹿な子」という語呂合わせの主演女優・大場加奈子。彼女はこの作品のビデオが発売される1週間前に、下北沢駅の踏切で飛び込み自殺を遂げたとされている。

 さらにその後、関係者らを次々と奇怪な現象に襲われた。加奈子の命日になると、スーツケース内にあるはずのない喪服が入っている、棚の上に置いてある少女の人形が下に落下してバラバラになる、打ち上げをしようと道に迷いたどり着いた店の名前が「スナック カナ」だった……などだ。

■女優の自殺の真相

【閲覧注意】舌や足首を切断! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖の画像3※イメージ画像:『封印されたアダルトビデオ 【Kindle版】』(彩図社)

 もう10年近く前だろうか、私は廃盤になった『肉だるま』を求めて、当時、高円寺にあった制作会社のアロマ企画(のち西新宿に移転)の直営店「BAROQUE」を訪問した。するとビンゴ! 『肉だるま』はDVD化されて店頭に並んでいた。

 ただし商品は、プラスチックのパッケージではなく100均で売っていそうなビニール製のDVDホルダーに収納され、盤の表面に旧ビデオジャケットの図柄がプリントされただけの簡素なものだった。それを喜々としてレジに運び、ついでにと店員にことの真相を聞くと、「自殺かは不明ですが、電車に轢かれて亡くなったのは本当です」とだけ答えてくれた。

 疑問はグレーのままだったが、2012年に出版された『封印されたアダルトビデオ』(井川楊枝・彩図社)に掲載された穴留監督へのインタビューで詳細が語られている。そこで、加奈子は自殺したと明言され、彼女と撮影後に1度飲んだ時、「彼氏とうまくいっていない」と漏らしていたと告白している。自殺は本当だったのか……。

 加奈子は家族がいなかったため無縁仏として供養され、今でも命日には監督がお墓参りをしている。そして彼は、この作品以降、同じような作品を作ろうと企画すると、精神が不安定になり心療内科へ行かなければならなくなったそうだ。現在はスカトロ専門で作品を撮り続けているという。

■天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある。
ウェブ連載・「幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

天野ミチヒロの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】舌や足首を切断! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル