【閲覧注意】舌や足首を切断…! 主演女優が自殺した封印AV映像『肉だるま』の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

今回の映画:『猟奇エロチカ 肉だるま』(1999年発売/アロマ企画)

0119nikudaruma_sub.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 2000年代初頭、発売直前に出演女優が電車に飛び込み自殺をしたAVが話題になった。その噂を私が知った時点でビデオは既に廃盤、中古市場では高価で取引され入手困難になっていた。だが、ここ数年、その作品『猟奇エロチカ 肉だるま』がネット上で「絶対に検索してはいけない言葉」に挙げられ、日本だけでなく海外でも「見ると必ず呪われるビデオ」と都市伝説化していると知り、非常に驚いた。


■都市伝説「スナッフ・ビデオ」

 「スナッフ・ビデオ」の「スナッフ」とはロウソクを消す擬音が転じた「殺す」というイギリスのスラング。つまり、「スナッフ・ビデオ」は、実際の殺人を撮影した映像ソフトのことで、これが国内外で長い間、闇ルートで売買されているとまことしやかにささやかれていた。

 この噂を逆手にとり、ニセの殺人映像を「本物」と称して劇場公開したのが『スナッフ』(76年・アルゼンチン)だった。宮崎勤死刑囚が所持していたことで有名になった『ギニーピッグ』シリーズもそういったフェイク・スナッフの代表作である。

 そして、『肉だるま』は、フェチ作品を専門に制作するアロマ企画が、SM&スカトロにスナッフを盛り込んだ野心作だった。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年1月10日 23:00 | 返信

スカトロなら許してくれるのか

3:匿名 2017年4月24日 07:10 | 返信

>>1
これくらいの日本語が理解できないとか、病院行った方がよくねぇ?w

2:匿名 2016年9月28日 23:29 | 返信

何言ってんだこいつ

1:匿名 2016年9月20日 20:07 | 返信

支離滅裂な文なので、疑問しか沸かないw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?