50年前に起きた重大UFO事件に新展開か? 「ウェストール事件」の目撃者が“黒いスーツの男たち”について語りはじめた=オーストラリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■事件当日の公式の記録は“空白”ばかり

 1966年当時、10歳前後だった目撃者たちは現在、60歳前後になりつつある。一方当時の教職員たちの半数以上は今や故人になってしまったということだ。

 そこでライアン氏は、生徒や教職員以外の客観的な証拠を求めて地域全体に残された記録を広くあたってみることにしたのだった。当時この事件の直後に学校にテレビニュースの取材が入っており、放課後にテレビレポーターがUFOを目撃した生徒たちから話を聞いたニュースは確かにオンエアされたという。しかしテレビ局「チャンネル9」のフィルム保管庫にはこの時のフィルムだけは残されていなかった。そして近郊のメルボルン空港の記録にも、この日に付近上空で未確認飛行物体が確認された記録は一切残されていないという。唯一残されている客観的な記録は、当時の新聞の紙面だけである。そしてそれらのメディアによると、米軍などが開発中の極秘の軍用機の試験飛行だったのではないかという見解が主流となっている。

1966westall2.JPG画像は「Mystery Documentary」より

 そこでライアン氏は学校周辺の民家にポスティングを行って情報提供を求めたり、軍事歴史家やUFO研究家、暴露運動家などを幅広く取材する。取材に応じてくれた人々と話すうちに明らかになったのは、ウェストール事件当日のあらゆる公式の情報がことごとく“空白”であるということだ。さらに広範囲に取材を行ううちに絞られてきたウェストール事件の真相、その可能性は下記の3つだ。

1. から騒ぎ、あるいは集団ヒステリー

2. 軍が秘密裏に開発中の実験機

3. 地球外から来た飛行物体

 取材を続けるうちに、ライアン氏としては1と2の可能性は否定せざるを得なかった。とすれば、やはり正真正銘のUFOなのか……。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。