50年前に起きた重大UFO事件に新展開か? 「ウェストール事件」の目撃者が“黒いスーツの男たち”について語りはじめた=オーストラリア

■校長室で黒いスーツの男に尋問された女子生徒

 真相究明の袋小路に入り込んでいたライアン氏へ、アメリカの有志から届けられたのは、米・アリゾナ大学の研究者であった、故J・E・マクドナルド博士が残したオーストラリアでのUFO調査記録の数々である。

 米・ミネソタ州ダラス出身の気象学者、J・E・マクドナルド博士(1920年~1971年)は、ケネディ大統領政権下の科学顧問となり、政府のもとでUFOについて数々の極秘調査を行っていたといわれている。実際に1968年に米下院の公聴会、いわゆる「UFOシンポジウム」で、1940年代末から1960年代半ばまでの重大なUFO事件のレポートを議会で発表している。そしてマクドナルド博士はウェストール事件を調査するために秘密裏にオーストラリアも訪れていたのだ。その時に博士が書き留めた文書や目撃者へのインタビュー音声などの貴重な資料が、ライアン氏のもとへ送られてきたのである。そこには、国内メディアには一切口を閉ざしていた数学教師のインタビュー音声も残されていた。ちなみにマクドナルド博士は1971年に51歳の若さで自殺したことになっているが、“知りすぎた男”として暗殺されたのだという主張も根強い。

 停滞を余儀なくされていたライアン氏の調査も思いがけないマクドナルド博士の“置き土産”で進展を見せることになる。博士の記録に残っていた、最もUFOに近づいた3人の生徒の1人である女子生徒のジャクリーヌ・アージェントさんは、事件の翌日に校長室に呼ばれて、校長と見知らぬ2人の黒ずくめのスーツの男たちの前で尋問を受けたという。

「空飛ぶ円盤を見たのよ!」と彼女は昨日目撃したものを正直に語ったが、男たちはまともに相手をしてくれず、「君は漫画の宇宙人を見ていたんだね」とあしらわれたということだ。その夜アージェントさんは、家でこの一件を話すと彼女の両親はひどく怒りをあらわにしたということだ。

1966westall3.JPG画像は「Mystery Documentary」より

 数々の貴重な証言と発見を見いだしながらも、ライアン氏の追究はいったんここで幕を閉じることになる。ライアン氏はあくまでもアマチュアのジャーナリストであり、取材当時には新たな家族が生まれた事情もあった。ウェストール事件の真相を究明する活動に残念ながらこれ以上専念できなくなったのである。しかし、当時UFOを目撃した往年の生徒たちや周辺住民はまだまだ多く存在している。この目撃者の多さが、他のUFO事件とウェストール事件の決定的な違いである。今後の調査の進展と新たな証拠の発掘に期待したい。
(文=仲田しんじ)

「A Suburban UFO Mystery: Westall ’66」 動画は「Mystery Documentary」より

参考:「EWAO」、「Herald Sun」ほか

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。