ブラジルの131歳の男、101歳で結婚。妻との驚愕の年の差は…?

関連キーワード:

,

,

,

,

■長寿の秘訣はやはり……

 ギネス記録だの世界最長寿だの、一気に周りが騒がしくなってきたソウザさんだが、ご自身はエスティラオ・ド・アルカンタラという村で、妻や孫と一緒に静かに暮らしている。
現在は生活のすべてにおいて介護が必要な状態ではあるが、一日三食を食べる食欲はしっかりある。

 長寿は人類の長年の悲願であるが、なるほど、ソウザさんの現在のような「家族との普通の暮らし」が長寿の大きなポイントかもしれない。特に妻のサポートは大切なものだといえよう。

 ちなみに、妻は現在62歳である。しつこいようだが、もし出生証明書の記載通りなら、ソウザさんは現在131歳。つまり妻とは69歳差の超年の差夫婦である。そして前述のソウザさんの娘、シルレーネさんは30歳。ということは、ソウザさんが101歳、妻が32歳のときの子だ

 以上を踏まえると、男性の長寿には「若い女性の存在」も大切なポイントとなってきそうだ。事の真偽を確かめるため、加藤茶&彩菜夫妻などの年の差カップルの今後をしっかり観察してみようではないか。

参考リンク:「Yahoo news UK」、「Daily Mail」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。