• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

低体温症

,

凍傷

,

凍死

,

壊死

,

寒波

,

蘇生

※2頁目以降に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

frostbite.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 現在、40年に一度といわれる大寒波が日本列島を襲っている。西日本の太平洋側など、普段雪の少ない地方でも雪が積もり、九州・沖縄などでは観測史上最低の気温を記録した。天気予報で各地の最高気温を見ても、最低気温の間違いではないかと目を疑うような数字が並び、まさに全国民が寒さに震えている状況だ。

 このような時に危惧されるのが、「寒さによる被害」である。果実や野菜が枯れる事態も深刻だが、それ以上に、人間の命に直接かかわる凍傷や低体温症(凍死)などが起きやすくなる。日本と同じく強い寒波に襲われている台湾では、市民が寒さに慣れていないためか、1月23~24日にかけて低体温症によって計21人が死亡したという。

 では、もしも凍傷を負ったり低体温症を起こした時、私たちの身体はどう変化してしまうのか? 注意喚起の意味も込めて、今回は凍傷と低体温症の恐ろしさをお伝えしよう。

※次頁以降に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年4月 9日 03:03 | 返信

これは聞いた事がある。
他にもあった気がするよ。

特殊な条件が揃うと
人間にも、クマの冬眠と似た状態が起きるそうな。
でも見つかった症例が少なくて
その条件を固定化できない、判明しきれないらしいけど・・。

2:匿名2016年7月20日 03:00 | 返信

ふざけたことばかり書いてると皆居なくなっちゃいますよ。

1:匿名2016年7月 3日 19:23 | 返信

このサイトの文章が無駄に長いのどうにかならないの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。