【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ThinkstockPhotos-478253521.jpg画像は、Thinkstockより

●女子高生コンクリート詰め殺人事件
 1980年代後半に起こった、誘拐・略取・監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の総称である。犯人の主犯格は、当時未成年だった少年4人。当時高校生だった少女をホテルに連れ込み、強姦。そのまま自宅の2階に監禁、輪姦し、自慰行為を強要、性器に異物を混入するなどの行為を繰り返した。その後、足にオイルをかけ炙る、高いところから腹部に鉄の棒を落とす、膣や肛門に鉄の棒をつっこみ内部でかき回すなどの拷問を行い、頬が鼻よりも高くなるまで暴行を繰り返した。そして、その顔を見て「でけぇ顔になった」と嘲笑したという。さらに暴行を繰り返し、少女が死亡した後、その遺体をコンクリート詰めにして埋立地に遺棄した。


●北九州監禁殺人事件
 2002年に福岡県・北九州市で発覚した監禁・殺人事件。被告2人による残虐な手口は、あまりの酷さに報道規制がかけられたといわれており、第一審で検察側は“鬼畜の所業”と被告を激しく非難した。電気コードを裸にして、その電線の先を性器や顔などにつけ電気を流すと、全身が痙攣して頭が真っ白になるという。この“通電”と呼ばれる拷問を駆使。さらに弱みにつけ込んでマインドコントロール。子どもを含めた、被害者一家内で殺し合いを起こさせた。自らの手を汚すことなく起きた拷問殺人といわれ、世界的にも稀に見る事件である。被告の1人、松永太には死刑判決が下され、共犯の緒方純子には無期懲役の判決が下された。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?