【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●バニシェフスキー事件

1602_goumonsatsujin_01.jpgガートルード・バニシェフスキー。画像は、「Wikipedia」より

 インディアナ州の犯罪史上で最も恐ろしい犯罪といわれる事件。1965年、シルヴィア・ライケンスという少女が遺体で見つかった。その遺体には、身体中にアザや火傷の跡だけでなく“I am a prostitute and proud of it.”(私は売春婦でそれを誇りに思う)という文字が皮膚に刻まれていた。シルヴィアを殺した主犯格として逮捕されたのは、ガートルード・バニシェフスキー。シルヴィアを物理的に攻撃するだけでなく“淫売”と罵り、精神的にも虐待。ジュースのビンをシルヴィアの膣に無理やり突っ込むなどの虐待を繰り返し、それによって失禁するようになると地下室に閉じ込め、熱湯をかけて火傷した皮膚に塩を塗りこむといった行為を繰り返した。シルヴィアは死ぬ間際、唇が裂けるほど強く噛み締め、苦痛に耐えていたことが検死で明らかになった。

人気連載
あなたに良縁をもたらす恋のキューピッドがわかる4択占い! イニシャルも判明、Love Me Doが本気で断言!

あなたに良縁をもたらす恋のキューピッドがわかる4択占い! イニシャルも判明、Love Me Doが本気で断言!

■あなたとあの人の“キューピッド”は? 「次のうち、気に...

人気連載
【閲覧注意】人肉を食べた人を見分ける方法が簡単すぎる!“隣のカニバリスト”発見法を亜留間次郎が科学的に解説!

【閲覧注意】人肉を食べた人を見分ける方法が簡単すぎる!“隣のカニバリスト”発見法を亜留間次郎が科学的に解説!

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?