• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※4頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

BodyFarm_3.jpg
画像は「YouTube」より引用

「死体農場」――この言葉から、あなたはどんな場所を思い浮かべるだろう。想像力豊かなトカナ読者であれば、残虐な犯罪を実行に移すためにシリアルキラーが作り上げた秘密基地のような場所を連想するかもしれない。しかし実在する「死体農場」は、いたって真面目な研究施設なのだ。広大な敷地に、数十体ほどの死体が野ざらしで転がっているという、恐るべき施設の概要についてお伝えしよう。


■「死体農場」その実態

「死体農場(ボディ・ファーム)」とは法医人類学の研究施設であり、現在アメリカ国内に8カ所設置されている。その目的は、敷地内に人間の死体を野ざらしの状態で放置することによって、人体が自然に腐敗し、分解されていく過程を明らかにすること。こうすることで、殺人事件などにおける正確な死亡時期の割り出しや、その計算方法を導き出そうというのだ。

BodyFarm_2.jpg
画像は「YouTube」より引用

 現時点でもっとも大規模な「死体農場」は、テキサス州立大学サンマルコス校・法医人類学センターの敷地内に設置されている。そこでは、約10万平方メートルの荒れ地に常時70体もの死体がゴロゴロと転がっており、約5日おきに新たな死体も投入され続けてきたという。死体の年齢は21週の胎児から102歳の女性までと幅広く、すべて本人や家族の意志によって献体されたものだ。

 この「死体農場」、さぞかし“死臭”に満ちた地獄のような場所なのでは――と思いきや、意外にも野ざらしの死体が悪臭を放つのは、放置してから数週の間なのだという。6カ月が経過した死体では、眼球が失われ皮膚は乾燥してミイラのようになり、気になる臭いを放つこともないらしい。この状態になってしまえば、もはや故人を思わせる身体的特徴も消え去ってしまっている。

コメント

4:匿名2018年9月17日 05:42 | 返信

※1
馬鹿は生きていく上で色々大変そうね

3:匿名2018年9月16日 08:44 | 返信

2016年の記事じゃん

2:アルプスの少女は遺児2018年9月13日 21:35 | 返信

ま、いいんじゃね?(*ノω・*)テヘ

1:匿名2018年8月30日 21:26 | 返信

クレージージャーニーの二番煎じでしか無い

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。