未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談

未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談の画像3イメージ画像:「Thinkstock」より

■宇宙に行くのか行かないのか、それが問題だ

――現実に考えられるのは人類が宇宙に行くことによる変化ですかね。

山下 体の変化という面で見れば、環境が劇的に変化するのは、宇宙に行くことくらいしか思いつかない。行って何年とかじゃなくて、そこでずっと生活してって話です。無重力で受精したときから、成長していくと人間がどうなるのかっていう。

川口 無重力で受精して成長できるって前提での話ね、できないんじゃないかって話もありますから。

未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談の画像4画像は「JAXA」より引用

山下 国際宇宙ステーション(ISS)で培養細胞の実験をしたんです。カエルの腎臓由来の細胞の培養したところ、地球上ならドーム状の立体的な構造を作るんですけど、宇宙だとうまくできないという研究結果が出た。重力を感じないとそういう形成ができにくいようなんです。となると、やはり人間の体の構成とかもずれてくるんじゃないかなと。

――重力の存在が鍵ということですね。ISSに滞在する宇宙飛行士も骨が弱くなったりしてますし、短期でもそうなんですから、宇宙で生活したら人類もやはり変わる可能性があるということですね。

山下 あくまでもゲノムの中の範囲内ですけどね。いきなり羽が生えるとかそういうことはないです。

――そうなるともう人間じゃないですもんね。

川口 無重力用に改造するってことはあるかもしれないけどね、異常に放射線に強いとか。

――海外ではそのために眼の色が変わったり皮膚の色が変わったりという話もありますが……。

山下 それこそ何百万年のスパンで、ずっと宇宙に暮らしたら、そういう人類が宇宙に残る可能性はあります。でも、宇宙服がありますからね、テクノロジーが進んでいれば眼の色や皮膚の色を変えて対応する必要はないんですよ。

――人類が宇宙に行く際には準備をしているわけですからね。

未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談の画像5川口氏

川口 実際問題無理だよ、あんな放射線があるところで暮らすのは。スペースコロニーなんてはるか先の話ですよ。無理無理、暮らせない、宇宙臭いし。

――臭いんですか?

川口 宇宙空気ないから匂いはないっていわれてたんですけど、宇宙服が臭いんだって。表面のコーティングが焼けちゃうらしくて、それが中で充満する、だから宇宙は臭いんです。スペースデブリがバンバン飛んでるし、臭いし、宇宙は怖いから行きたくない。知れば知るほど恐ろしい。

――でもやっぱりあこがれというか……。

山下 「地球は青かった」って言ってみたいですよね。地球を宇宙から映した映像が出たことで、地球という星をみんな意識し始めて、環境問題の発端となったともいわれているので。やっぱりちょっと見てみたいですよね、地球の思想を変えるくらいインパクトがある光景なら。

川口 成層圏くらいでいい、スペースデブリが地球に落ちちゃうくらいのところで。

山下 そうですね、(成層圏への旅行の)価格も下がってきてますし。


2人が編集する科学ウェブメディア
●科学で世界をブリッジする「サイエンスニュース」。
http://sciencenews.co.jp/

・川口友万 サイエンスライター。富山大学理学部物理学科卒。著書に『大人の怪しい実験室』(データ・ハウス)など。
・山下祐司 ライター。北里大学大学院理学研究科修士課程修了。基礎科学から応用、先端科学までターゲットは幅広い。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル