人工知能(AI)が人間を抹殺する命題とは? AIと意識、生物の定義をめぐる科学ライターの激論!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■AIは生物になりうるのか?

――AIがAIを作り始めたら、生物の定義に当てはまったりはしないのですか?

DSC_1779.jpg山下氏

山下 「シンギュラリティ(技術的特異点)」の話ですね。確かに、生物の定義には自己増殖能力やエネルギー変換能力の有無とかいくつかの考えがあって、その中に当てはめることもできます。ただ、自立性を持っているかどうかが一番の問題なんです。

 それを踏まえると、AIがAIを作っただけで生物と言えるのかはわかりません。ただ、それこそAIが本当にタンパク質を合成して、新しいAIを作っちゃうのであれば、生物かもねと言えるかもしれません、まあフレーミングの問題ですけど。

――フレーミングでいえば、例えば、ウイルスは生物であるとかないとか……。

山下 それは考え方の問題ですね、依拠する考え方が違うから、ウイルスは生物だっていう人と、生物じゃないって人がいる。それはただの切り分けの問題で、議論にはなってますけど、統一しなくてもいいんです。両方ともきちんと理由があってのことなので、それはそれでいいんですよ。

――考えが分かれてても自然なんですね。

川口 生物とは何か、というところまでいくと、それはもう哲学の領域なので、(自然)科学ではないですよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。