死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」

関連キーワード:

,

,

 私たちは日々、多くの写真を目にする。しかし、人生を変えるような強いインパクトを持った写真に出会うことがどのくらいあるだろうか。これは忘れられない眼を持った人物たちの19枚の写真だ。

19. The eyes of suffering(苦痛にあえぐ眼)

死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」の画像1They Gossip」より

 コロンビアのオマイラ・サンチェス(13歳)は1985年の火山噴火で命を落とした。この写真は死の数日前に、家の瓦礫に閉じ込められたオマイラを撮影したものだ。


18. The eyes of unreasonable dislike(理由なき偏見の眼差し)

死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」の画像2They Gossip」より

 1954年、米国では公立学校での白人と黒人の分離教育が違憲となり、アーカンソー州のリトルロック・セントラル高校に黒人生徒が9名入学した。この写真はそのうちの1人であるエリザベス・アン・エックフォーズ(15歳)。白人暴徒はエリザベスを囲み、脅迫した。一番右側の白人女性はゾッとするような嫌悪の眼差しをエリザベスに向けている。

17. The eyes of gratuitous distaste(いわれのない嫌悪感の眼差し)

死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」の画像3They Gossip」より

 写真で椅子に座っている男は、ナチスの悪名高い宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスだ。彼はそれまでは普通であったが、何かの理由からカメラマンがユダヤ人だと気づいた(多分カメラマンの名前が典型的なユダヤ人の名前『アイゼンスタット』だと知って)。この写真はその時のゲッベルスの表情を捉えたものだ。ナチスの根拠のないユダヤ人への憎悪がよく現れている。

人気連載

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル