「何人殺したかは覚えていない」「死体は酸処理」シチリアマフィアの無慈悲な殺し屋4人!

●ジョン・スカリーゼ(John Scalise)

1602_sicilymafia_02.jpg画像は、「Wikipedia」より

 禁酒法時代のシカゴのギャングスター、ジェンナ兄弟がシチリアから呼び寄せた殺し屋。アルバート・アンセルミも一緒に呼ばれ、彼とは常に一緒に行動していたという。2人はアイルランド系のギャングスター、ダイオン・オバニオンを暗殺したことで名を上げた。勢いづいてアル・カポネを暗殺しようとしたところ、彼の部下に密告され計画が露呈。カポネに野球バッドで徹底的に殴られた後、殺し屋に銃殺された。死体は翌朝、インディアナ州ウルフ・レイク付近を走るハイウェイ上で見つかったが、死体を検分した医師は、これほど損傷のひどい遺体を見るのは初めてであると語ったそうだ。

●ジョヴァンニ・ブルスカ(Giovanni Brusca)

1602_sicilymafia_03.jpg画像は、「Wikipedia」より

 シチリアのマフィア史上最も無慈悲でサディスティックな殺し屋と恐れられた。彼は20歳の時、シチリアマフィアのボス、ベルナルド・プロベンツァーノの運転手として働き始め、その後はマフィア撲滅に生涯を捧げた裁判官、ジョヴァンニ・ファルコーネを暗殺するため暗躍。高速道路に500キロのTNT爆薬を仕掛け、装甲が施された車で通過するジョヴァンニ・ファルコーネを爆殺。爆発は凄まじく地面に大穴が空き、地震のような振動があったと伝えられる。事実、前を走っていた護衛車は100メートル先のオリーブ畑まで吹き飛ばされた。逮捕され、終身刑の判決を受けた彼だが、公判では今まで100から200人を殺したと思うが、詳細な数は覚えていないと語った。

「何人殺したかは覚えていない」「死体は酸処理」シチリアマフィアの無慈悲な殺し屋4人!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル