オリエンタルラジオ再々ブレイクの裏に壮絶な奴隷時代?

オリエンタルラジオ再々ブレイクの裏に壮絶な奴隷時代?の画像1※イメージ画像:『オリエンタルラジオ公式サイト』より

 オリエンタルラジオが再々ブレイク中だ。ダンスミュージックを取り入れた新ネタ「PERFECT HUMAN」が、“普通に格好いい音楽”としてウケて、iTunesのミュージックチャートで1位を獲得。3月11日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演も決定した。同日には、ダンスミュージックの大家であるアンダーワールドも出演する。

 オリエンタルラジオといえば2005年に“武勇伝”ネタでブレイク。芸歴3年目までにレギュラー10本を持つ売れっ子芸人となるものの、間もなく人気は低迷。その後、不遇の時代を経て、中田が“オタク・インテリ”キャラ、藤森が“チャラ男”キャラで再ブレイクを果たしていた。今回で三度目の再々ブレイクと言えよう。

「PERFECT HUMAN」は中田の実弟でありダンサーであるFISHBOYを迎えたダンスダンス&ボーカルグループRADIO FISHによる楽曲である。ネタというより、ひとつのパフォーマンスだ。

 オリエンタルラジオは消えそうで消えない芸人と言える。彼らはなぜ強いのか。中田が著した自伝的小説『芸人前夜』(ヨシモトブックス)を読むと、彼らの芸に対する拘泥、生真面目さが伝わってくる。

 ふたりの出会いは保険会社の自動車事故受付センターのアルバイトだった。中田が初めて見た藤森は“極彩色のタンクトップを二枚重ねにして、サルエルパンツの裾を自前の紐で縛り、ピアスを右に二つ、左に三つ。すべての指にプラスチック製の指輪をし、頭にはターバンを巻いている”(p.39)ものだった。その姿はチャラ男を通り越して、本文に書かれている通り“若い石油王”そのものであろう。

 中田はそれまでお笑い芸人を目指し、大学で友人とコンビを組んで学園祭でライブをやったり、ネットで相方を探していたりしていたところで藤森と出会った。藤本はお笑いにまったく興味はなかったものの、中田宅で学園祭のビデオを見てコンビ結成を申し出る。中田はその誘いを即座に受けず、藤森の本気度をはかろうとする。藤森がお笑いを目指す理由は“普通に就職したくない。ジャニーズとか俳優とか無理だけど、テレビには出てみたい”(p.59)というものだった。この理由はチャラい。

 ふたりは、やがてお笑い芸人を目指し吉本興業の養成所であるNSCに入る。当時の入学金は40万円だった。オーディション(入学試験)の日、ふたりは2ちゃんねるで仕入れた試験情報をもとに、60秒のアピールタイム用のネタを用意し、審査員に「…前に、なんかやってたことある?」と言わしめる(p.70)。

 本書の冒頭には“本書は著者の体験を基に書かれていますが、出版にあたり一部脚色が加えられています。なお、登場人物の名前など一部仮名にしております。”と断り書きがなされている。実際、本書で描かれるNSCの実態は厳しさを通り越し、悲惨ですらある。

オリエンタルラジオ再々ブレイクの裏に壮絶な奴隷時代?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル