奇習! 秋田「なりすまし婚」の実態 ― 夫に先立たれた女を貪る“流れ者”たち


 たしかに、戦地からの引揚者が多かった終戦直後の日本においては、帰るべき家や、再会すべき家族を失い、路頭に迷った者も少なくなかったという。こうした傾向はその後に訪れた高度経済成長期まで続き、たとえば全国各地に点在する温泉街などでは、そうした素性知れずの、ある種の「流れ者」が、現地での労働に従事していたものだという。


「もうね、あれから何十年も経ってしまったから、当時の人なんて生きちゃいないだろうけれども、そういうふうにあつらえた旦那との間に生まれた子供なんかは、まだ生きていると思いますよ。まあね、今じゃ考えられないだろうけれども、当時はそれで通っちゃったものです」


 そうしたある種、牧歌的で「ゆるい」時代とは異なり、平成の世になってから久しい今では、無論、そうした素性を隠した「正体不明の流れ者」ともいうべき当時の人々は、そう多くは生きてはいないことだろう。しかし、その一方で、毎年のように数多くの人々が謎の失踪を遂げていることもまた事実。もしかすると我々の隣で当たり前のように暮らしている人々の中にも、そうした人々は紛れこんでいるのかもしれない。
(取材・文=戸叶和男)

戸叶和男の記事一覧はコチラ

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ