恐怖!! 心の奥底にある差別意識を覗くテスト「IAT」がヤバい! 7分間で偏見を消す「慈悲の瞑想」も…

関連キーワード:

,

,

,

■他人への偏見を弱める慈悲の瞑想とは

 慈悲の瞑想とは、上座部仏教で行われている瞑想法のひとつである。仏教を実践する際に欠かせない、「慈悲の念」を育む瞑想とされ、自分への慈悲、他人への慈悲、そしてすべての生物への慈悲の3つを唱えるというものだ。それぞれの存在を頭の中でイメージして行うのが特徴である。

 昨年、科学誌「Motivation and Emotion」に掲載された研究論文によれば、この瞑想により、潜在的な偏見が弱まることを示唆する結果が得られたという。

 英サセックス大学で行われた実験では69人の白人男女の被験者に、「分類における心象の影響調査」と称してIATを実施し、その後に7分間、慈悲の瞑想をするグループとしないグループに分けた。そして、ほかの人種(この場合は黒人)をイメージして瞑想を行った後に再びIATを実施したところ、瞑想をしたグループは、しなかったグループに比べて、人種による偏見の減少がみられた。

 研究論文の執筆者のひとりであるアレキサンダー・ステル氏は、「まだまだ詳しい調査が必要ですが、結果に関して言えるのは、慈悲の瞑想により瞑想者自身や帰属集団への慈悲の効果をもたらすのと同様に、ほかの集団へもある程度効果があるということ。そして、他人への慈悲の念は偏見を減らせる可能性があるということです」と話し、効果を実感しているようだ。

 被験者が少ないため確定的なことは言えないが、実践してみたくなった人も多いかもしれない。記事の最後に、慈悲の瞑想の際に唱えられている言葉を引用するので、リラックスしながら言葉を唱え、慈悲の心に満ちた人間になれるか確かめてみてほしい。

 差別意識や偏見をもたないに越したことはないが、すべてをフェアに扱うというのは難しい。日々の生活にはさまざまな情報があふれており、それが心象に影響をあたえることはドイツの事例からも明らかである。

 潜在的な態度は自分でコントロールできないため質が悪いが、自分がどのような潜在意識を持っているのか、どんなバイアスを持っているのかを知っていれば、フェアであろうと努力することはできるのではないだろうか。

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

人気連載
あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

■モテない理由 「公園で、子どもたちが何かを見て『仲良し...

恐怖!! 心の奥底にある差別意識を覗くテスト「IAT」がヤバい! 7分間で偏見を消す「慈悲の瞑想」も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル