ロス疑惑、林真須美に続き…清原が着用していたスポーツブランドが激怒中!?

関連キーワード:

0318kiyohara_main.jpg※画像:清原和博

 覚せい剤取締法違反で起訴された清原和博被告が保釈された。保釈時には警視庁前に300人もの報道陣が集まり、各社がヘリ、バイク、車などで清原被告が千葉県松戸市の総合病院に入院するまで追跡を続けた。

 2月2日の逮捕以来、連日のようにマスメディアをにぎわせてきた清原被告。だが、その報道を巡って、テレビの制作現場ではちょっとした論争が起こっていたという。ある情報番組のディレクターはこう語る。

「一昨年の3月に『文春』の報道が出てから各社が、清原をマークしてきました。だから逮捕の1~2年前の映像素材もたくさんあるんですが、そのほとんどでスポーツメーカーのロゴがばっちり映った服を着ているんですよ。当初は、とくに気にせず映像素材として使っていたんですが、あまりに頻繁にロゴが登場してしまうので、途中から『これ、このままでいいのか』という話が出たこともあります」

 清原被告が、六本木の繁華街や麻布の自宅周辺などを歩く映像は逮捕以来、何度も放送されてきたが、たしかに「アンダーアーマー」や「ナイキ」などの洋服を着用しており、ロゴもはっきり映っていた。またテレビではほとんど使われなかったが、週刊誌やスポーツ紙などでは、コワモテの清原被告がラフな格好で足のタトゥーをのぞかせながら歩く写真もしばしば掲載されている。

「さすがに『イメージダウンになるのではないか』『ロゴだけでもモザイクを入れるなど配慮したほうがいいのでは』などの声も上がりました。ある意味、そうしたメーカーは局にとってもスポンサーになるわけですから、無駄にもめてもよろしくない。ただ、幸いメーカー側からの要請はなく、加工すれば逆に不自然なるので、そのまま使い続けました」(前出のディレクター)

 犯罪者と洋服といえば、1998年に和歌山毒物カレー事件が発生した際、疑惑の渦中にいた林真須美死刑囚が「ミキハウス」のスウェットを着て、報道陣にホースで水をかける姿が何度も報じられたことが有名だ。

「あの時は、イメージダウンを恐れた『ミキハウス』が報道陣に『映像を使わないでほしい』と申し入れを行ったという噂が流れました。実は、その真偽は不明なんですが、ミキハウスへの同情もあいまってかなり話題になったんです。他にも渦中の人物の所持品が話題になることがあり、ロス疑惑の三浦和義氏が使っていた『ハンティングワールド』のバッグや市川海老蔵に暴行を加えた伊藤リオンが着ていた『トミーヒルフィガー』のTシャツなども注目を集めました」(前同)

 かつては、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜が、アパレルショップ店員から「イメージダウンになるので、テレビでうちの服を着ないでくれ」と言われたと告白し話題になったこともある。

 着ない人を選ぶ権利もないだけに、アパレルブランドにとって、このような問題はずっと付きまとうのかもしれない。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2016年3月21日 12:18 | 返信

ちょっと待って。近藤春菜ちゃんは普通に服を着てるだけなのに、失礼なアパレルブランドだね。そんな事言う店の服むしろ着たくないわ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。