ショーンK・脇坂英理子ショックで“謎の金持ちキャラ”がテレビから消える?身元確認厳格化へ

関連キーワード:

,

ショーンK・脇坂英理子ショックで謎の金持ちキャラがテレビから消える?身元確認厳格化への画像1画像は『「自分力」を鍛える』(あさ出版)より


 経営コンサルタントでキャスターのショーンKが、自身に経歴詐称疑惑が持ち上がったことで、フジテレビの新番組「ユアタイム~あなたの時間~」など、多くのレギュラーを降板することになった。

 また、最近ではセレブ女医として多くの番組に出演してきた脇坂英理子容疑者が、診療報酬を不正受給したとして、警視庁に詐欺容疑で逮捕されたことも大きな話題を呼んだ。

 実はこの2件により、テレビの制作現場では「セレブキャラ」に甘えていた現状を反省しようという意見が噴出しているという。

「たとえば、事前のアンケートや打ち合わせの時点で、年商や年収が『○億円』と自称する人がいたら、客観的なソースを確認したり、最低でも『税金はいくらですか』と尋ねる。『実家が金持ち』という人がいたら『放送では名前は出さないから、親のやっている会社の名前を教えてくれ』と聞く。もう当たり前すぎるぐらい当たり前なのですが、今までは言葉の響きのインパクトに単純に食いつくだけで、バラエティの現場はそうした部分に関して全く確認をしてこなかった。面と向かって疑うのが失礼だというのもあったでしょう。ただ、後で問題になった時に巻き添えを食らうのは嫌なので、これからはそこを反省しようという話が出ました」(民放テレビ局社員)

 ショーンは、かつて出演した日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」にて現在の年商が30億円であることなどを明かしたが、週刊文春の取材には事実でないことを認めている。脇坂容疑者も年収5000万円を自称し、ホスト遊びなどで1晩900万円使ったと豪語していたが、その収入の大半が不正請求で手に入れたものだった可能性が高まっている。

「脇坂の場合は、昨年の時点で疑惑の人物として名前が挙がったので、局側としても巻き添えを食らわなくてすんだが、それがなかったら堂々と使い続けていたかもしれない。いずれにしても、今なら『ショーンKや脇坂の一件があるので一応確認させてもらっていいか』などと言えます」(前出の社員)

 ある意味、制作サイドに自浄作用をもたらしたわけだが、これが厳格化すれば、割を食う出演者も少なからず出てくるという。

「芸能界には、よくわからない金持ちキャラがたくさんいますから注意は必要ですね。たとえば、モデルやグラビアタレントが実績のわりに高価な貴金属やブランド品を多数所有しているケースをこれまでは当たり前のように放送してきましたが、これからはなぜ買えるのかを明示しないとダメということになりそうです。そうしたタレントの裏には怪しい人脈が絡んでいる可能性も大きいし、今まで通り『すごい、ぜひテレビで紹介して!』とはならないでしょう。たとえ医者や弁護士の肩書きを持っていても、実働実績がなければむやみに『金持ち』ともてはやすことなくなると思います」(前同)

 しばらく自称セレブタレントにとっては受難の時代になりそうだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード