DNAを修復し、言霊が宿る! イルミナティも恐れた「聖なる周波数」528Hzの絶大なるパワーとは!?

528Hz.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 この世は毒物で溢れている――。今や添加物が入っていない食品などほぼ皆無、たとえそれらを避けたとしても住宅には電子レンジやLED照明、ポケットには携帯電話……と、我々は常に害となる電磁波の影響を受け続けている。それらが人体にどれほどの影響を与えているか正確に解明されてはいないが、新型インフルエンザは毎年のように出現するし、男性の精子の数は減少し、5組に1組のカップルが不妊症に悩まされている。昔の人と比べて、我々の免疫力は確実に低下しているようだ。残念ながら社会にはびこる数々の毒に犯され、人類のDNAは損傷しているのかもしれない。

 そこで今回は、魔女である筆者がこのような毒物から身を守る一つの方法を伝授しよう。筆者にそれを教えてくれたのは、陰謀論研究家や作曲家としての肩書を持ち、インターネットTV「しながわてれび放送」等でも活躍する岩佐明宏氏である。


■聖なる周波数528Hzの秘密

 さて、古代から人間は神を感じ取り、神とつながるために、聖なる儀式で音楽を奏でてきた。そして、特定の周波数の音を奏でると、私たちのチャクラが開き、霊感が高まるのみならず、高いヒーリング効果も得られることが判明したのだ。

 その特定の周波数とは、ズバリ528Hzである。ニューヨークの分子生物学者Glen Rein博士の研究によると、紫外線をあてて欠損させたDNAに、528Hzの振動をもつさまざまな音源を聞かせると、DNAの構造が修復することがわかったという。そう、528Hzは「聖なる周波数」なのだ。

イマジン

もともと528Hzだった!?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ