ショーンK、小保方化の危険 双方を取材した記者が「ふたりはソックリ」

関連キーワード:

seank.jpg画像は『「自分力」を鍛える』(あさ出版)より

「週刊文春」(文藝春秋)で数々の経歴詐称が報じられ、活動休止に追い込まれた「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏に危険な兆候が出始めているという。川上氏は学歴詐称のほか、本業のコンサルティング業にまで疑惑が生じ、もはや何を信じていいかわからない状態となっている。これにより、年間1億円のギャラで迎えられるはずだったフジテレビの新ニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」は降板。スポーツ紙の報道によれば「4月からどうやって生きていけば…」とこぼしているという。さらに25日発売の「フライデー」(講談社)は、騒動後の川上氏を直撃。憔悴しきった様子で「なんとか生きていきたい。その先の行ってはいけない世界に…。その行ってはいけない世界への線引きを支えているのは、周囲の皆さんです…」と“自殺”をほのめかす言葉も残している。危険な兆候とは、自死の可能性を言うのか? 

「いやいや、たしかに全ての嘘がバレ、ショックを受けてはいますが、これまでその嘘で堂々とここまで成り上がった人間ですよ。そんなヤワなタマではありません。実際、親交のある元NHKアナウンサーの掘潤氏によると、川上氏は『しばらく休んでまた新しいことを始めたい』と話していたようです。むしろ危険なのは“小保方化”です」とは週刊誌デスク。

 STAP論文問題で渦中の人となった小保方晴子氏もまた、1度はノーベル賞候補と持ち上げられ、その後研究過程に数々の疑義が生じ、科学界を追放された。記者会見では号泣し、精神的ショックから入院もウワサされた。しかし、今年1月に著書「あの日」(講談社)を出版。そこには“自分はハメられた”という被害者意識と、共同研究者である若山照彦氏への憎悪が書き連ねられていた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ