水の汚染が原因で恐怖の皮膚病が流行? 政府は否定・隠蔽で、カナダ先住民がブチギレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

 カナダには、54万人もの「ファーストネイションズ」が住んでいる。彼らの多くはカナダ政府より与えられた2200カ所の保留地に住むが、60年代までは電気も水道もなく下水道施設も整備されていないひどい環境であった。現在はかなり改善されたとはいえ、いまだ彼らの住環境は「平均的カナダ人」に比べるとひどく劣っているのが現状だ。

childrensoresrashes3.JPG画像は「The Globe and Mail」より

 今回の問題は子どもの皮膚病にとどまらず、「先住民族vsカナダ政府」の形をとる政治的な問題となりつつある。しかし最も気の毒なのは皮膚病にかかり、隔離された子どもたちである。政治的な戦いよりも、まずこの皮膚病を早く治すことが先決ではないだろうか。
(文=三橋ココ)

参考:「Daily Mail」、「CTV News」、「VICE」ほか

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年6月10日 15:38 | 返信

写真を見たところ、私が金属に触れたときの症状に似てます。

かってな想像ですが水を保管する容器や配管等で何かしら金属が使われていて、それが水に溶け込んでいるのではと思います。

私の場合は、特にメッキ(アマルガム)に反応しやすいように思います。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。