片岡愛之助・藤原紀香の裏で芸能界のドンが暗躍!?

片岡愛之助・藤原紀香の裏にヤバすぎる“政治的駆け引き”か? 芸能界のドンと取引!?

関連キーワード:

,

 歌舞伎役者・片岡愛之助と女優・藤原紀香が3月30日に入籍し、翌31日にはふたり揃って会見を行った。恋多き男として知られた愛之助、そして芸人・陣内智則との結婚・離婚を経た紀香だったが、会見で終始仲睦まじい姿を披露していた。終始笑顔を浮かべていたふたりだったが、その裏ではなんとも芸能界らしい政治的な話が聞こえてきた。

 まず、ふたりが結婚に至るまでの間には様々な“政治的駆け引き”があったとされている。

「紀香のバックにいるのは、言わずと知れた芸能界のドン、バーニングプロダクションの周防郁雄社長です。最近は周防社長との距離がありましたが、今でもバックがバーニングであるということには変わりがない。今回、紀香と愛之助が結婚するにあたって、周防社長と愛之助の間で秘かにある取り引きがなされたというのです」(芸能プロ関係者)

 その取り引きとはずばり、愛之助が持つ権利の一部を周防社長に譲渡するというものだ。

「歌舞伎の公演は松竹芸能が仕切っているが、それ以外の愛之助主演の舞台などは決してそうではない。その種の営業権の一部を渡したと囁かれています。また愛之助はテレビドラマなどにも多く出演しており、そのブッキング権が含まれるのでは? と見る向きもあります」(芸能プロ幹部)

 もちろん、愛之助にもメリットがないわけではない。泣く子も黙る周防社長の威光で、今後起きるかもしれない様々なスキャンダルから守ってもらえるからだ。ワイドショー関係者は、「基本的に歌舞伎役者はほとんど、芸能界ににらみがきく人の庇護の下にいない。だからスキャンダルが起きると、マスコミから袋叩きにされてしまう。そういう意味では、愛之助も心強いだろう」と語っている。

 周防社長といえば、2012年に亡くなった中村勘三郎さんを公私にわたってバックアップしていたことは有名な話だ。今後は紀香との結婚を機に、愛之助との距離を縮めていくことになりそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ