【衝撃】2009年10月、NASAは月面の宇宙人基地を核攻撃していた!? 真実をひた隠す米国の思惑とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

lcrossmission3.JPG正方形のシルエットは宇宙人基地なのか? 「UFO Sightings Daily」の記事より

 ……話を整理しよう。ではなぜ、アメリカはこの月面宇宙人基地を壊滅させなければならなかったのか? ウェアリング氏によればそれは昨今の宇宙開発競争においてアメリカは、ロシアや中国、インドなどの猛追に晒されている(提携関係にある日本は別として)からだという。このままであればいつかは他の国にも発見されてしまうこの宇宙人基地を、発見される前に壊滅させてしまう方策を選択したということだ。

 そしてもうひとつ、ではなぜ派手な核爆発という“一大スペクタクル”が起きなかったのか? それはやはり、月面に基地を構えられるほどの技術力が為せる技であるということだ。爆発が起こったとしても、爆風を除去し無力化する技術があるに違いないという。とすれば、この月面基地は今もほぼ無傷で存在していることになる。

 そしてこれが本当であるとすれば、翌年のオバマ大統領の政策転換は、月からの撤退であり“侵攻作戦失敗”というニュアンスを帯びることになる。気になるのは攻撃を受けた月面基地が地球へ反撃してくるのかどうかだが、2009年から7年目になる今のところは目立った攻撃はないように思える。しかし、我々が気づかない方法(人工地震、人工ハリケーンなど)で、すでに幾度となく地球を攻撃しているのかもしれない。

 人間が月面に降り立って今年で47年目。普通に考えれば今頃は月旅行経験者が3桁に近づき、なんらかの施設が月面に建設されていてもおかしくないような気もするのだが、その後の月探索が思った以上に進まないでいるのは、やはり“先客”の存在が判明したからなのだろうか。今後の月への動きがますます気になる話題である。
(文=仲田しんじ)


参考:「UFO Sightings Daily」、「Wall Street Journal」、ほか

関連キーワード

コメント

4:匿名 2016年4月16日 08:08 | 返信

「世界一アホなUFO研究家で有名なスコットウェアリング」って
日本の韮澤 潤一郎さんよりアホなの?

3:匿名 2016年4月15日 02:21 | 返信

もうちょっと夢見させてよ、編集部さんw
「〇〇さんが△△だと主張した」だけじゃね・・・

2:匿名 2016年4月14日 18:46 | 返信

月面は、大気がない為、爆風は起こらない。

1:匿名 2016年4月14日 18:43 | 返信

著名なUFO研究家って、世界一アホなUFO研究家で有名なスコットウェアリングかよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。