忘れてはならない東日本大震災での鬼畜球児! 真実を知ってて美談を書いたマスコミの悪とは?

関連キーワード:

,

忘れてはならない東日本大震災での鬼畜球児! 真実を知ってて美談を書いたマスコミの悪とは?の画像1

 熊本地震は熊本県や大分県に大きな被害をもたらした。今回の震災でもすでに、避難中の民家や施設を狙って火事場泥棒を働いた人間がいるようで、熊本市内などでタブレットや貴金属などを盗まれる被害が出たと報じられている。

 こうした事件は、震災が発生するたびに発生するもので、2015年9月の茨城県常総市で起こった鬼怒川堤防決壊の水害、2014年8月の広島市の土砂災害、2011年3月の東日本大震災、1995年1月の阪神淡路大震災などでも、鬼畜の所業を働いた輩が確認されている。

 通常の窃盗などよりも重い罪を負うべきだと思いたくなる悪事だが、ここへ来て「今さらではあるが、あいつらのやった行為を風化させてはならない」と憤るのは、ある出版業界関係者だ。

 それは東日本大震災の時のこと。仙台市にある私立仙台育英高校の野球部員の2~3年生7人が2011年4月7日夜に津波の被害で休業中だった宮城県多賀城市のリサイクルショップに侵入。警戒中の捜査員に発見された。7人は同年6月に書類送検された。

「スポーツマンどころか人として許されざる行為をした球児たちだったが、物を盗む前に見つかったのをいいことに、窃盗目的ではなくあくまで冒険や探検目的で侵入したと言い張った。当該選手たちの1週間の謹慎や部員のボランティアなどはあったものの、結局、夏の県予選大会には出場した」(前出の関係者)

 同校は県予選で敗退し、甲子園出場は逃したものの、県予選に出場できたこと自体が当時も物議を醸した。

「未成年ということで実名は出されなかったが、実は犯行グループの1人には、翌年の夏の甲子園に出場した主力選手Xもいた。Xは何もなかったかのような顔で甲子園でプレーし、チームはベスト16まで進出。その時も新聞やテレビの記者たちはXのした事を知っていながら『被災地に勇気を与えた』などと美談を書きたてたが、地元の人々は白けていましたよ。もっともプロのスカウトたちの間にはその悪評が入っていたので、Xに関しては最初から、どんなに甲子園でいいプレーをしようが、評価の対象にもなっていなかった」(前同)

 人の弱みにつけこんだ行為はあまりに卑劣。さらには未成年であることの配慮を楯にして、その活躍に手放しで美辞麗句を並べ立てたマスコミも視聴者や読者への裏切りに加担したといえるだろう。それらの罪はとにかく重い。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

忘れてはならない東日本大震災での鬼畜球児! 真実を知ってて美談を書いたマスコミの悪とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル