【閲覧注意】後頭部に“第二の頭”がついた赤ん坊! 頭蓋骨から中身がはみ出る「後頭骨脳ヘルニア」の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1604_twohead_01.jpg画像は、「Daily Mail」より引用

 妊娠中の母親の健康状態が胎児に影響を与えることはよく知られているが、世の中には不幸にして、五体満足で生まれてくることができない赤ん坊も多くいる。中には、本来あるはずのないないものが体について生まれてくるケースもあるようだ。インドのカルナータカ州で生まれたある赤ん坊は、頭にもう1つの頭をもって生まれてきてしまった。その様子を、今月20日の「Daily Mail」が報じている。


■頭が2つある赤ん坊

1604_twohead_02.jpg画像は、「Daily Mail」より

 公開された画像には、ごく普通の赤ん坊が写っているように見えるが、通常の頭の後ろにもう一つ、同じくらいの大きさの瘤ができている。髪が剃られているため、背中側から見るとのっぺらぼうのようだ。


■助からないと告げる医者たち

1604_twohead_03.jpg画像は、「Daily Mail」より

 赤ん坊が生まれた直後、両親は地元カルナータカの医者に見せた。しかし「あまりにも珍しいことだから処置できない」と告げられたという。夫婦は助けを求めて多くの病院を訪れたが、どこからも締め出され、希望を失っていた。そんなある日、わずかな望みをかけて政府病院に訴えたところ、医療従事者の1人から「インド南部にあるバンガロールという都市に良い病院がある」と教えられた。この話に希望を見出した両親は、すがるような思いでバンガロールの病院へと急いだ。

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

コメント

1:匿名 2016年4月24日 16:14 | 返信

事前に検査で奇形ってわかんなかったのかな?
インドじゃ無理?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?