【地震】「邪魔な報道陣のせいで自衛隊が…」「レッテル貼りが…」被災者がマスコミのヒドさを暴露

関連キーワード:

,

,

re-ThinkstockPhotos-519394518-thumb-240xauto-43153.jpg

 熊本地震を受けて、多くの報道陣が現地に押し寄せたが、それが様々なトラブルを引き起こしている。

 ネット上で問題視されているのは、「関西テレビの中継車がガソリンスタンドで行列を無視して横入りした件」「NHKが取材を嫌がるそぶりを見せた被災者にカメラとマイクを突きつけた件」「日本テレビが深夜の避難所で強烈な照明をつけてレポートを行った件」「慌しい避難所から中継を行ったTBSのクルーが生中継中に被災者に『邪魔だ』と注意された件」「日本テレビ『ミヤネ屋』のレポーターが焼き芋製造の車の後部ドアで雨宿りしていた女児2人をどかせて焼き芋を作っている男性にインタビューを行った件」などだ。

 このほかにも、現地で取材を行う男性アナウンサーが自身の弁当をツイッターで紹介して炎上したり、一部のマスコミが被災者につらそうな表情を作らせる、いわゆる「絵作り」を強要していたことがネット上で暴露されたりと、その問題の多さは話題に事欠かない。

 今回被災した阿蘇地域に住む男性も「たしかにヘリの音はうるさい。最初はイライラしていましたが、ずっとなので慣れてしまいました。それよりは、道端に停められた大量の報道陣の車の間を縫って自衛隊や消防の車が移動する状態のほうが大問題かなと思います」と話す。

 この男性によると、阿蘇地域では元からマスコミに不信感を抱く人は多かったという。

このあたりは阿蘇山から煙が上がるとよくテレビや新聞の人が来るんですが、周辺の自治体は火口から5キロ以上離れているので実際灰なんかまったく積もらないんです。なのに表面にほんの少しだけ積もっている土地を必死に探してはそこだけの写真や映像を撮ってニュースで使う。地元の人はみんなそれを知っているから、最初からマスコミはそんなものと思っています

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ