まるで指名手配犯!? 中国警察が交通違反者に強硬手段、ドアップ写真をネットで公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

police-1「◯◯路●●路」というのは、◯◯路と●●路の交差点という意味

【日刊サイゾーより】

 中国では、歩行者による信号無視や、横断歩道以外での車道横断が後を絶たない。それを阻止しようと、幅の広い道路ではセンターライン上に鉄柵を設置し、横断できないようにしているところも数多い。

 信号を無視する歩行者があまりにも多いため取り締まりすることがほとんど不可能で、それに業を煮やした上海の警察は、強硬手段に出ることにした。

police-2赤信号でも車の間を縫うように渡っていく

 上海のニュースサイト「ホウハイ新聞」によると、4月15日夜、上海市公安局黄浦分局の公式微信(中国版LINE)は、「曝光台(暴露チャンネル)」というコラムで、文章とともに写真をアップする形で、横断歩道の赤信号を無視して渡った通行人12人の写真を掲載した。

 そこに掲載された写真を見ると、通行人の顔がドアップで写されていて、誰だか丸わかり。ほとんど指名手配写真のように晒し者にしている。中には、外国人4人グループの一人ひとりの写真まで出しているのだから情け容赦ない。

 上海市公安局黄浦分局によると、近年は市民の意識向上により交通違反者が減ったものの、相変わらず違反する者がおり、交通の安全に支障を来している。そのため、黄浦分局では、これからも交通違反行為には厳重に対処していくのだという。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。