奇習! なまはげ男たちの股間に全裸女 ― 東北地方の密通

関連キーワード:

,

,

,

【日本奇習紀行シリーズ】 下北半島

moonbeams.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

「三日月の丸くなるまで南部領」と謳われるほどに、急速に東北地方でその勢力を拡大した戦国大名・南部晴政。その領土の最北端部分に近い、青森県の下北半島に位置する山間の集落に今なお暮らす元林業・野谷善吉さん(仮名・83)は、若き日に目撃した「ある光景」が60年以上経った今も、鮮明に脳裏に焼きついて離れないという人物だ。


「女……。そう、若い女がね、白装束で、湖に立っていたんですよ。そう、それこそ月の綺麗な夜でしてね」


 当時、野谷さんは父や兄とともに、自宅近くの山に入っては木を切るという生活を続けていた。その日は昼間、山に兎の罠を仕掛けた際に、たまたま愛用の巾着を置き忘れてしまったことに気づき、深夜、ひとりで山に戻っていったという。そこで出くわしたのが、小さな湖の水際に立つ、ひとりの若い女性だったのだ。


「普段はね、そんなところへ、夜中に出かけたりすることなんてありゃしないんですけどもね。かあちゃんの形見の巾着を忘れて。それで大急ぎで出かけていったんです。そしたら若い女でしょ? しかも白装束。そりゃあ気にもなりますよ」


 あまりに物珍しい光景に出くわしたことで、「何かかある」と直感したという野谷さんは、そのまま物陰から息を殺して、しばらくその女性を観察していたという。すると、女性は晩秋の冷たい湖の水を浴び、それがひと段落した頃、身に着けていた白装束を脱ぎ捨てて、全裸になったという。


「物陰から暫く見ていたら、いきなり装束を脱いで、全裸ですよ、全裸。ありゃあ、たまげましたね。それがまた美しいのなんのって……。もうね、若かったでしょう? 私も興奮してしまって、胸が鳴るのを感じましたよ」


 血気盛んな年頃ということもあって、胸の高鳴りを感じた野谷さんであったが、そんな彼の目に、信じられないものが飛び込んでくる。それは、秋田のなまはげのような姿をした数名の人影だった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ