韓国でラーメンの“激辛度”が異常値に! なぜ彼らは、救急車で運ばれても「激辛」を食べたいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

gekikara.jpgトゥムセラーメンを食べる、ユーチューバー(YouTubeより)

【日刊サイゾーより】

「33歳の会社員男性、激辛トッポギ(餅の炒め物)を食べて胃けいれん。救急車で運ばれる」

 これは、今月11日に韓国大手紙に掲載された記事だ。韓国では、辛い料理を食べるすぎるあまり、上記の男性のようなケースが後を絶たないという。一説では、消化器系の疾患を訴える患者の数が、年間1,000万人に上るという統計もある。すべてが辛い料理のせいとはいえないかもしれないが、その数の多さは、日常的な食文化を抜きにして到底考えられないだろう。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。