現役医師が明かした「人体の不要なパーツ」8選! 男の乳首や耳たぶも不要…!?

関連キーワード:

,

,

,

,

 今月5日、スペイン系モロッコ人男性の自称アーティストKarim Boumjimarさん(18)が、ツイッター上で自らの乳首を切除し、それをオークションにかけて販売する意向を表明した。この話題は、実際に乳首がないツルツルの胸を披露する本人の写真とともに瞬く間に各国へと広まり、数々のニュースで取り上げられる事態に発展。しかしこれを機に、そもそも人体には“必要のないパーツ”がいくつも具わっている事実にも注目が集まっているようだ。

MansNipples_2.jpg画像は「DAZED」より引用

 今月12日付の英紙「The Daily Mail」は、オーストラリア・シドニーの人気ラジオ番組「Fitzy and Wippa」に出演したセレブ医師、アンドリュー・ロシュフォード氏が語った“人体に必要のない8つのパーツと機能”を紹介している。それらを順に見ていくことにしよう。


●人体の不要なパーツ1:男の乳首

MansNipples.jpg画像は「DAZED」より引用

 妊娠することがない男性は、父親になっても乳首から母乳が出てくることはない。(性感帯として開発されているならば話は異なるかも知れないが)生活のうえで乳首はまったく必要ない。

 では、なぜ男性にも乳首があるのか。生物学的には、そもそも人は、女性になるべくして発生を始めるのだという。それが、Y染色体にあるSRYという遺伝子の働きによって男性器などが形成される。つまり、男性の乳首は、女性になるように設計されていた発生初期の名残であるとのこと。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ