DV、家出、リスカ… JKカフェで働く女子高生3人が語った本音とは?

JK_2.jpg

■Mさん(18)の場合

 同じく高校3年のMさん(18)は、もともと表参道のカフェで働いていたが、友達の紹介でJKカフェでも働き始めた。時給はどちらも同じだ。

 Mさんは両親から月々のお小遣いをもらえない。そのため、 収入は表参道のカフェとJKカフェのバイト代を合わせて月8万円ほどだ。

「ぼんやりだけど、8万円のうち少しは将来のために貯めておきたい。でも貯められないから、家に一部を入れている――とはいっても、遊ぶためにはそれも使います。この前は友人5人で、(福島県いわき市の)ハワイアンズに行ってきました」

 父親はサラリーマン、母親は公務員。経済的に安定はしているが、きょうだい4人中3人が私立の学校に通っているため、家計に余裕がない。家族関係もよくない。

「父から母に対する言葉の暴力がひどい。冷たいし、時には突きとばすこともある。何も言わないほうが早く終わるから、無言で耐えている。私は母の愚痴を聞いています。今では母について“かわいそうな人間”としか思わない」

 JKビジネスが批判されることがあるが、その点については

「まあ、批判されるようなビジネスではあるかも。誘いもあるけど、連絡先を交換するだけ。お客さんとデートしたことはない。そこまではしたくない。親にも言っているけど、母親はハーフってこともあり、いろいろオープンなんです。“別にいいんじゃない?”って」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ