【閲覧推奨】奇形「カラスになったヤギ」が物理法則を超越! 奇跡のバランス感覚に賞賛の声

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 中国南西部に位置する雲南省・新平イ族タイ族自治県の農場で、2本足のヤギが生まれた。――と、ここまではトカナが何度も報じてきた奇形動物の話題だとお思いだろう。しかし今回のヤギは、過去の奇形動物たちとは異なり、不思議と悲壮感を漂わせていない。それどころか、ある種の愛らしさや神々しさもたたえる極めて特殊なケースといえるだろう。では早速、ヤギの映像をご覧いただきたい。

動画は「YouTube」より

 まず目に飛び込んでくるのは、真っ黒な子ヤギの姿だ。確かに、体から2本の足しか生えていない。胴体後部が収縮してしまったかのような、珍しい奇形だ。しかし、それにしても違和感がハンパない――そう、2本足の子ヤギは、まるで物理法則を無視するかのような角度で立っているのだ。前足でしっかりと地面を踏みしめ、体を引きずることもなくトコトコ歩く姿はカラスのようでもあり、なんとも愛らしいではないか。

HalfGoat.jpg画像は「YouTube」より引用

 2本足の子ヤギが生まれたのは、昨年12月のこと。農場主は、すぐに死んでしまうに違いないと考えたという。しかし、そんな予想に反して、子ヤギは生後1週間足らずで、この不可能としか思えない2足歩行を習得してしまったという。まさに奇跡としか例えようのない事態に、農場主はじめ関係者一同は開いた口が塞がらなかったようだ。地元の獣医師は、奇形の原因について「母ヤギが妊娠中に腹部損傷を受けたためではないか」と語っているが、確かなことは誰にもわからない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?