5月26・27日(伊勢志摩サミット)に「南海トラフ地震」が直撃する? 専門家が揃って危惧

5月26・27日(伊勢志摩サミット)に「南海トラフ地震」が直撃する? 専門家が揃って危惧の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 先月14日以降、熊本県や大分県で2度の震度7を記録する熊本地震が発生した。現在も余震が継続する前代未聞の事態のなか、5月26~27日に開催が予定されている主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の最中に「南海トラフ地震」が起きるのではないかと一部で囁かれているようだ。今回は、この真相を追ってみることにしたい。


■リスクを考慮すれば選べる場所ではない

 実は、サミットの開催地が伊勢志摩に決まった時点で、多くの専門家からは驚きの声が上がっていた。防災アナリストの金子富夫氏は、「まさか南海トラフ地震が直撃する可能性がある伊勢志摩とは驚いた。世界の要人を招くイベントですから、より厳しくリスクを考慮すれば選べるところではない」(東スポWeb、2015年6月16日)と語る。

 サミット会場がある志摩市の賢島(かしこじま)は、南海トラフ巨大地震のうち「東南海地震」の想定震源域に含まれる場所だ。万が一にでもサミット開催中に大地震が発生し、各国首脳や関係者に死傷者が出れば、世界の政治経済は大混乱するだろう。

 政府の地震調査委員会は、2013年1月1日時点で、M8~9クラスの大地震が30年以内に南海トラフ上で発生する確率を「60~70%」としている。とはいえ、それがサミットの短い開催期間中に発生する確率は限りなく低い値になると思いたい。しかし、現時点では、そう呑気にしてはいられない事態となっているのだ。

■熊本地震は南海トラフ地震の前触れか?

 それは、前述の熊本地震について、これが「南海トラフ巨大地震の前兆ではないか?」との声が上がっているためだ。立命館大学教授の高橋学氏は、「現代ビジネス」(2016年4月16日)で、今回の地震を引き起こした「布田川断層」が「中央構造線」(関東から九州にかけて日本を縦断する大断層系)の西端に位置することから、この大断層帯に沿う形で直下型地震が連鎖することを懸念し、それこそが南海トラフ巨大地震である可能性を示唆している。実際、熊本地震の震源は、中央構造線に沿って次第に東へ移動しているように思われる。国立研究開発法人建築研究所特別客員研究員(歴史地震学)の都司嘉宣氏は、「地震の活発な地域が、中央構造線沿いに“玉突き事故”のように東の方角に延びていく可能性がある」(「女性セブン」(小学館)、2016年5月5日号)と指摘する。

5月26・27日(伊勢志摩サミット)に「南海トラフ地震」が直撃する? 専門家が揃って危惧のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル