元ハーバード大学脳神経外科医「死後の世界は存在する。オーブに満たされて…」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

proofofheaven2.JPG画像は「ABC News」より

■臨死体験者が語る死後の世界には共通点が多い 

 博士は、「昏睡中の自分の脳の機能状態」を医学的に調査し、昏睡中に脳がまったく機能していなかったことを証明し、発表しているのである。

 まったく機能していないということは、幻覚なども含め、何かが脳内で処理されていた事実はないということである。したがって、博士が体験した天国は、脳内で勝手につくりあげられた天国のイメージではなく、実際に博士が体験した天国そのものなのである。

proofofheaven3.JPG画像は「ABC News」より

 前述の博士の著書は、ベストセラーとなってアメリカで死後の世界のあるなしについて活発な答弁などが行われたということであるが、現在博士はハーバード大学を退職し、アメリカ各地で臨死体験者とのコンタクトをとり、調査をしているとのことである。

 確かに、臨死体験者が語る死後の世界には共通点が多く、それは世界の東洋を問わず似た傾向がある。その描写については各人の文化的バックグラウンドに拠るものもあるが、皆が皆同じような光景を語っているのは、そこにそれがあるとしか思えなくもない。

 自分が臨死体験をしてみないとわからないのかもしれないが、それはちょっと遠慮したい。しかし、死後の世界についてはちょっとどころか、かなり興味がある。本当にそのような空間があるのだろうか。
(文=高夏五道)

「Proof of Heaven?」 動画は「ABC News」より

参考:「New York Times」ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ