元ハーバード大学脳神経外科医「死後の世界は存在する。オーブに満たされて…」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

proofofheaven2.JPG画像は「ABC News」より

■臨死体験者が語る死後の世界には共通点が多い 

 博士は、「昏睡中の自分の脳の機能状態」を医学的に調査し、昏睡中に脳がまったく機能していなかったことを証明し、発表しているのである。

 まったく機能していないということは、幻覚なども含め、何かが脳内で処理されていた事実はないということである。したがって、博士が体験した天国は、脳内で勝手につくりあげられた天国のイメージではなく、実際に博士が体験した天国そのものなのである。

proofofheaven3.JPG画像は「ABC News」より

 前述の博士の著書は、ベストセラーとなってアメリカで死後の世界のあるなしについて活発な答弁などが行われたということであるが、現在博士はハーバード大学を退職し、アメリカ各地で臨死体験者とのコンタクトをとり、調査をしているとのことである。

 確かに、臨死体験者が語る死後の世界には共通点が多く、それは世界の東洋を問わず似た傾向がある。その描写については各人の文化的バックグラウンドに拠るものもあるが、皆が皆同じような光景を語っているのは、そこにそれがあるとしか思えなくもない。

 自分が臨死体験をしてみないとわからないのかもしれないが、それはちょっと遠慮したい。しかし、死後の世界についてはちょっとどころか、かなり興味がある。本当にそのような空間があるのだろうか。
(文=高夏五道)

「Proof of Heaven?」 動画は「ABC News」より

参考:「New York Times」ほか

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

人気連載
「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

■春のあなたの運気予報~2020~ 「あなたが正義のヒー...

関連キーワード

コメント

12:匿名 2019年10月2日 15:08 | 返信

彼は生まれてすぐ養子にもらわれていったので、臨死体験中に出会った、早死にした妹の記憶はない。回復後4か月たって送られてきた写真を見てそれで分かったのだから、脳の記憶以外の要素があることは確かといっていいだろう。臨死体験にはこのようなことがしばしば報告されており、彼の体験が死後の世界とまで決めつけなくても、この宇宙には普段人間が認識できない隠れた要素もあるのだろう。真理は宗教原理主義と極端な唯物論の中間にあるのではないか。

11:匿名 2018年8月19日 18:40 | 返信

意識と脳の記憶は別ってことですかね? そうでないと臨死体験の記憶は導き出せません。
意識は現段階の科学では解き明かされていないので、可能性としてはありかと。
昏睡状態から目覚めた後に、そのような長いプロセスの記憶を生成するのは不可能では? 脳が機能しない闇無なら? 途切れる寸前の記憶しか残ってない筈で、瞬時に作り出すことなど不可能で時間が足りません。

10:匿名 2017年11月14日 09:58 | 返信

6
毎回この話題になるとこの話が出るけど
「死者を弔う」という行為は死者に向けて行われてるんじゃなくて
遺された者が区切りをつける、ある意味では自己満足の行為だよ

そもそも死んだら終わり、ということがまだ分からなかった時代があったこそ出来た風習でもあるし

9:匿名 2017年6月19日 20:16 | 返信

脳が一切の活動をしていないのに何でその体験を記憶することができたんだろう?
記憶するという事はニューロンネットワークが形成されるという事で、脳が活動していなければ記憶することはできない。
>>5さんの言うとおり、回復後に「死後の世界を見た」という偽の記憶が生成されたんでしょうね。

8:匿名 2016年9月6日 15:54 | 返信

お脳の方に髄膜炎のダメージが残っておられるようですね。
博士のご快復をお祈りいたします。

7:匿名 2016年9月5日 02:20 | 返信

「世界の東洋を問わず」って苦笑
洋の東西を問わず、でしょう。

6:匿名 2016年9月3日 17:18 | 返信

死んだら無という考え方がおかしい。 無になるのなら、お盆などにご先祖様を迎えたりするような慣習も廃れてる筈。
現世に於いて都合が悪い人間ほど、死んだら無になるものと信じたいもの。
しかし、死んだら極楽か地獄、若しくは彷徨える者となって苦しむのであろう。
そうなりたくないのであれば日頃の行いを正して生きていくことが大切。

5:匿名 2016年6月13日 16:38 | 返信

おそらく、昏睡状態から抜け出した瞬間に脳が「幻覚を見たという記憶」を生成したから、恰も臨死体験をしたかのように感じるのでしょうな。

4:匿名 2016年6月1日 11:55 | 返信

死んだら完全なる闇の中に消えていくのみです。
恐怖や喜びも何もありません。
既に身体がないので肉体的な反応に基づく感情は持てません。
ただぼんやりと全ての記憶が消えて闇に溶け込んでいきます。
それに抵抗すれば永遠の苦しみを味わうだけ。
その状態を世間では「地獄」と呼んでいます。
無駄な抵抗は諦め、素直に無に帰して次に備えましょう。

3:匿名 2016年6月1日 06:11 | 返信

死後の世界こそ始まり
現世の一生は審判を受けるまでの試用期間

2:匿名 2016年6月1日 03:57 | 返信

死んだら無
何もない

1:匿名 2016年5月31日 15:10 | 返信

えっと・・。
昏睡し脳が機能停止していた最中に体験したという世界を
「記憶」しているのはいったい何の臓器だろうか。。。
魂で感じたとでも!?
うーん謎だ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。