ダレノガレ明美、8割嫌な奴だが…!? 現場から絶賛の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 モデルでタレントのダレノガレ明美が、一流商社に勤務するイケメン男性とカフェで親密にデートする様子を6月9日発売の「週刊文春」に報じられた。

 同誌によると、2人は六本木ヒルズにほど近いカフェで南国リゾートへの旅行計画を立てており、ダレノガレは彼氏のS氏に「うち、Sのこといろいろ我慢して付きあってるじゃん」と話したり、S氏のあごひげを触ったりと完全にラブラブモード。それでも、8日に出席したイベントでダレノガレは「どうなんでしょう?」と報道陣の前で2人の仲を煙に巻いた。

 ダレノガレといえば、過去に交際した男性の話も積極的にする一方、その「バカなのに毒舌」という強烈すぎるキャラクターにより、タレントの有吉弘行やおぎやはぎ・矢作兼らから「ダレノガレと付き合うのはダサい」とイジられるハメになっている。

 もっとも、現在のテレビ業界の中での評判は意外にも(?)高いようだ。

「ダイエットや体型維持のためにストイックな食生活を続けていることで知られるダレノガレさんですが、食レポなどはしっかりやってくれます。他の女性タレントやモデルは体型の変化を気にして、1口2口しか食べる画を撮らせてくれない人も多いんですが、ダレノガレさんはカメラが回っていなくてもほとんど食べる。キャラがキャラだけに、毀誉褒貶も多いですが、少なくとも一緒に仕事をする分にはやりやすいですよ」(制作会社ディレクター)

 別のテレビ局スタッフも、「本人は意識しているのかしていないのかわかりませんが、嫌われ役を積極的に引き受けてくれるのはタレントの中でも意外と貴重な存在。それも『8・嫌な奴』、『2・いい人』ぐらいのバランスなので、安心して見ていられるんですよ。むやみに嫌われようとすると『完全に嫌な奴』になってしまいますから、実はけっこう難しいんです」と評価する。

 ダレノガレは、熊本地震の際も避難所だけでなく、動物病院へも支援物資を届けたことで、一部の被災者から高評価を受けた。今回の文春の記事でも南国リゾートへの旅行計画を立てる交際男性に対し「別にエコノミーでもいいよ」と気遣うなど、意外なイイ女ぶりを見せた。このあたりが絶妙な「いい人」成分になっているようだ。

 とりあえず今のペースを維持すれば息の長い活躍をするかもしれない。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。