「あいつサイテーや」アンタ柴田に共演NGの可能性も? 不倫騒動で好感度アップのつもりが大ブーメラン!

 元「ファンキーモンキーベイビーズ」のファンキー加藤の“新ゲス不倫騒動”で、株を上げまくっているお笑いコンビ「アンタッチャブル」柴田英嗣にブーメランが炸裂しそうだ。

 加藤と柴田の元妻・Aさんのダブル不倫を報じたのは7日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)。同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会でAさんと知り合い、不倫関係に発展。その後、柴田とAさんは昨年5月に離婚。その4カ月後の昨年9月にAさんの妊娠が発覚したという。これを受け加藤は7日、報道陣の取材に対応。「記事に書かれていることは事実です」と認めた上で「こんな自分をそれでも支えてくれる妻と家族、そして柴田さん、本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます」と頭を下げた。

 対する柴田は同誌の直撃取材に「ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな」と大人の対応。加藤を批判するどころか、エールを送る器の大きさを見せたが…。

 マスコミ関係者は次のように断言する。

週刊女性の記事を読みましたか? 柴田だけが異常なほどヨイショされているんですよね(笑)。記事内容も寸分違わぬ正確さ。この仕事をやっている人だとわかるのですが、これほどの完全スクープが出る時は情報をリークしたのは当事者以外にありえません。今回の報道で1番得したのは誰か? そう考えるともう柴田しかいないんです。週刊女性とは以前から親しいですしね」。

 本人は完全否定するだろうが、リーク犯=柴田という構図は芸能界でも徐々に広まっているという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ