キムタクの人気急落が無視できないレベル! イメージアップ作戦も撃沈、SMAP解散騒動再燃か!?

関連キーワード:

,

,

,

0225smap_01.jpg※画像:SMAP

 SMAPの解散騒動を受け、ジャニーズ事務所と木村拓哉に対する世間からの反発は強まるばかりだ。最近はジャニーズ上層部も予想外の逆風に焦りを感じており、木村の人気回復に向けて四苦八苦している。このままSMAP解散となると、木村は分裂を生んだ張本人としてファンからの糾弾は免れないため、解散阻止に向けた動きも活発化しているようだ。

 今年1月、ジャニーズに“謀反”を起こした元マネージャーの飯島三智氏に追随した形の中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で木村に促される形で謝罪するハメになった。ワイドショー関係者は次のように振り返る。

「独立話を潰したうえに、公の場で謝罪させたことで、メリー喜多川副社長は上機嫌だった。またその娘の藤島ジュリー副社長も、天敵だった飯島氏を追い出すことに成功し、同じく上機嫌だった」

 また飯島氏を見捨て、メリー・ジュリー親娘の側についた木村も「ジャニーズの幹部コース間違いなし」(前出関係者)とまでいわれるようになったが、ここでジャニーズにとって大きな誤算が生じた。

「SMAPファンのみならずジャニーズファンの中で、メリーさん、ジュリーさん、そしてキムタクへの反発が一気に強まってしまった。非難の声はあまりにも大きく、無視できないところまできている。さすがにジャニーズも“世論”を気にせざるをえなくなっている」(前出関係者)

 事態を打開するため、木村のイメージアップ作戦の一環として行われたのが、熊本地震の被災地での炊き出しだ。木村は、石原軍団主催の炊き出しにTOKIO・長瀬智也、V6・岡田准一を引き連れて参加したが、これがさらに裏目に出てしまう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ