都知事選は蓮舫、橋下、小池、櫻井でもなく… 「出れば圧勝間違いなし」の“ウルトラC”とは? 関係者が明かす!

 舛添要一都知事の辞職と同時に、次期都知事選の火ぶたが切って落とされた。早速、メディアでは後任候補の名前が次々と挙がっているが、この時期は“キツネとタヌキの化かし合い”で、お互いが牽制し合っている状況だ。実際、都知事の座にもっとも近いのは誰か? どこよりも早い最新情報をお伝えする。

■熾烈な次期都知事選レース、勝者は…!?

「このままいけば、民進党の蓮舫代表代行が都知事になるでしょうね」

 そう語るのは、一般紙の政治担当記者だ。蓮舫氏は7月の参院選で改選となるが、前回の選挙で171万票を獲得した強みを生かし、都知事の座に狙いを切り替える可能性が高い。舛添問題の追及が甘かった自民・公明の与党には逆風が吹くことが想定されるだけに、野党が蓮舫氏に候補を一本化した場合、倒すのは至難の業だ。

「与党は早くから『嵐』の櫻井翔の父親で、総務事務次官の櫻井俊氏の担ぎ出しを画策していたが、どうも不調なようだ。そこで慌てて小池百合子・元防衛相や石原伸晃・経済再生担当相をスタンバイさせたが、この2人では蓮舫氏に勝てないだろう」(同)

 蓮舫氏出馬の場合、与党は彼女の過去の『政治と金』の問題を蒸し返すつもりのようだが、さしたる効果は見込めそうにない。そんななか、ある勢力は橋下徹・元大阪市長の擁立に向けて動きはじめたという。

■橋下は出るのか、出ないのか?

「蓮舫氏に勝てるのは橋下氏くらい。本人は出馬を否定しているが、過去『2000%出ない』といっておきながら、大阪府知事選に出た男。本人も都知事に色気がないわけではない。ただ……タイミングがあまりにも悪すぎた」

 政界関係者はこのように語った。実は官邸筋の青写真では、都知事はおろか将来の橋下首相誕生に向けてシナリオが練られていたという。官邸担当記者は次のように明かす。

「橋下都知事で2020年の東京五輪を成功させ、それを手土産に首相を目指すというのです。担ぐのは菅義偉官房長官。自身が院政を敷くためでしょうね。しかし、次の都知事選がこんなに早く来るとはまったく想定していなかった。橋下氏周辺はしきりに『時間がない!』と焦っていました」

■橋本は未知数、では当選確実「ウルトラC」は?

 橋下サイドは「都知事選は早くても来年」と想定していたため、年内はテレビや講演の仕事を入れてしまった。とりわけ、羽鳥慎一との「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(テレビ朝日)は4月にスタートしたばかり。テレビ関係者は次のように話す。

「さすがに超スピード降板して、都知事選出馬というのは……。降板すれば巨額の違約金が発生する可能性もある。本人が方々で『出ない』と言っているのは、厳密に言えば『出られない』ということ。それでも自民党は何とか担ぎ出そうと必死ですがね」

 橋下氏がダメなら、与党の敗戦ムードは色濃くなるだろう。一部では究極の“ウルトラC”で、老若男女に大人気の小泉進次郎氏出馬に賭けている勢力もいるというが……。「出れば圧勝は間違いない。父親の純一郎氏も息子に出てもらいたいようだが、残念ながら本人にその気はないようだ。官邸との関係も微妙ですしね」(同)

 現時点では蓮舫 VS 小池百合子の“女の戦い”が濃厚だ。橋下氏や進次郎氏が出馬すれば面白くなるが、その可能性は低い。都知事選は来月14日告示で31日投開票の見込み。今度こそ有権者には厳しい目が求められる。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

都知事選は蓮舫、橋下、小池、櫻井でもなく… 「出れば圧勝間違いなし」の“ウルトラC”とは? 関係者が明かす!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル