【都知事選】蓮舫、橋下、小池、櫻井でもなく… 「出れば圧勝間違いなし」の“ウルトラC”とは!? 関係者が明かす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

「橋下都知事で2020年の東京五輪を成功させ、それを手土産に首相を目指すというのです。担ぐのは菅義偉官房長官。自身が院政を敷くためでしょうね。しかし、次の都知事選がこんなに早く来るとはまったく想定していなかった。橋下氏周辺はしきりに『時間がない!』と焦っていました」


election2016_3.jpg画像は「小泉進次郎 Official Site」より

■橋本は未知数、では当選確実「ウルトラC」は?

 橋下サイドは「都知事選は早くても来年」と想定していたため、年内はテレビや講演の仕事を入れてしまった。とりわけ、羽鳥慎一との「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(テレビ朝日)は4月にスタートしたばかり。テレビ関係者は次のように話す。

「さすがに超スピード降板して、都知事選出馬というのは……。降板すれば巨額の違約金が発生する可能性もある。本人が方々で『出ない』と言っているのは、厳密に言えば『出られない』ということ。それでも自民党は何とか担ぎ出そうと必死ですがね」

 橋下氏がダメなら、与党の敗戦ムードは色濃くなるだろう。一部では究極の“ウルトラC”で、老若男女に大人気の小泉進次郎氏出馬に賭けている勢力もいるというが……。「出れば圧勝は間違いない。父親の純一郎氏も息子に出てもらいたいようだが、残念ながら本人にその気はないようだ。官邸との関係も微妙ですしね」(同)

 現時点では蓮舫 VS 小池百合子の“女の戦い”が濃厚だ。橋下氏や進次郎氏が出馬すれば面白くなるが、その可能性は低い。都知事選は来月14日告示で31日投開票の見込み。今度こそ有権者には厳しい目が求められる。

コメント

5:匿名 2016年7月11日 23:14 | 返信

増田寛也さんて東京消滅の人です。東京の税金を使い、持論通り海底ケーブルで韓国と接続したら、さすがの東京も、岩手のように赤字まみれになります。

4:匿名 2016年6月30日 14:39 | 返信

そもそも誰が蓮舫なんかに入れるん?

3:匿名 2016年6月19日 02:08 | 返信

在日じゃなくてちゃんとした日本人が良い。

2:匿名 2016年6月18日 15:17 | 返信

蓮舫も出ねぇだろ、アホ

1:匿名 2016年6月18日 09:38 | 返信

橋本徹は出ないでしょ。あの人はマスゾエのように政治家になるのが目的ではなくて、大阪を変えるビジョンがあったから政治家になっただけ。立候補する必要がない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。