全然仕事がないベッキーが繰り出した、捨て身の“最終手段”が必死すぎる!

関連キーワード:

,

,

,

0530bekki_main.jpg※画像:ベッキー

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫騒動で休業していたベッキーが本格復帰を宣言した。

 5月13日放送のTBS系「金曜のスマイルたちへ」で一旦テレビに出演してはいるが、これはあくまで“みそぎ”の意味合いが強い。今月10日の音楽番組「フルコーラス」(BSスカパー!)の収録が事実上の“復帰第一弾”で、収録前にはマスコミを集め質疑応答にも対応。限られた時間、メディアの選別、形式的な質問内容など、事務所主導の手法が批判を呼んでいることはすでに報じられている通りだ。

 それでもベッキーサイドは「説明責任を果たした」と判断。本人も「今日からお仕事を再開させていただくことになりました。ゼロから頑張ります」と宣言した。しかし、現実はそう甘くはない。テレビ局関係者が明かす。

「三遊亭円楽やファンキー加藤のゲス不倫と違い、彼女の不倫はいまだに反発が大きい。今回もあくまで地上波ではないBSスカパー!での復帰。スポンサーの影響力が小さいので何とかなったが、地上波はそうはいかない。各局、ベッキーを戻した時の視聴者の反発を恐れているため、7月の改編で即復帰とはいかないでしょう」

 なかでもゴールデンの番組は、不倫に厳しい保険会社などがスポンサーを務めているため「ハードルが高い。おそらくこのまま降板となるのでは?」(同)。そんななか、ベッキーサイドが新たな作戦を繰り出そうとしているという。スポーツ紙記者が明かした。

関連キーワード