【閲覧注意】日本アニメに傾倒する15歳美少女が美少女をメッタ刺し「喉を切り裂き、超楽しかった」

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

Alyssa.jpg画像は「YouTube」より引用

 2009年10月21日夜7時、ミズーリ州ジェファーソンシティ郊外に住む9歳の少女、エリザベス・オーテンが行方不明になったと警察に通報が入った。エリザベスは近所の友人宅に遊びに行っており、暗くなる前には必ず帰宅するはずだったのに、まだ帰ってこないというのだ。「友人の家を出たのは夕方6時15分。暗闇を怖がる子だし、家出なんてするような子でもない。携帯に電話をかけても出ないし、なにか事件に巻き込まれたのでは」と母親はヒステリックになっていた。

Alyssa_2.jpgアリッサ 画像は「Murderpedia」より引用

 警察はすぐに捜査を開始。彼女の帰路を中心にくまなく探し、友人宅も家宅捜査した。その友人宅には15歳になる長女・アリッサも暮らしており、警察がアリッサの部屋を調べると、ベッドに隠された日記を発見する。そこには黒く塗りつぶされたページがあったが、不審に思って解読し、驚愕した。それはなんと、人を殺したという告白文だったのだ。

「なにか知っているのか」と聞かれたアリッサは、あっさりと自分が殺したことを認め、遺体を埋めた場所まで警察官を連れて行った。「なぜこんなことをしたのか」と問われると、アリッサはこう答えた。「人を殺すのがどんな感じなのか、知りたかったから」


■薬物とアルコールに依存する両親

 アリッサ・バスタマンテは、1994年1月28日、両親に望まれずこの世に誕生した。母親は10代でアリッサを出産。彼女は重度の薬物依存症でアル中でもあり、日夜関係なくドラッグでハイになる生活を送っていた。物心ついたアリッサの前で、OD(薬物過剰摂取)で死にかけたこともあったという。薬物所持や飲酒運転などで何度も逮捕され、まともに子どもの面倒など見られる状態ではなかったのだ。そして、母親同様に父親も薬物とアルコール依存症。そのうえ暴力的な男で、障害事件を起こして禁錮10年に処されるなど、育児にはまったく関わっていなかった。

Alyssa_3.jpgアリッサ 画像は「Murderpedia」より引用

 1998年、育児を放棄している母親からアリッサたちを救うため、州政府の児童保護局が動いた。アリッサと双子の弟、異父妹たちを保護し、家庭裁判所に「養育権と親権を祖母に移すように」と求めたのだ。重い依存症を抱える母親が育児ができないことは誰の目にも明らかで、その訴えは認められた。こうしてアリッサたちは、ミズーリ州ジェファーソンシティ郊外に住む祖母の家に引っ越し、その後は祖父母から愛情を注がれ育っていった。

 学校でのアリッサは、教師を安心させるような真面目な生徒だった。とびきり頭が良いというわけではなかったが、成績は中の上、かつ人に好印象を与える落ち着いた会話ができる生徒だった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?